HOME > 学群・専攻 > 専攻一覧 > 歴史文化

歴史文化専攻

世界をまるごと理解するために。
北海道の歴史と文化を見つめ直すことから始めよう
世界には多くの民族や国家がそれぞれの歴史や文化を築いています。他文化や他民族を理解するには、同時に自国の歴史や文化を正しく学ばなければなりません。歴史文化専攻では人類の歴史や文化を広く学んだ上で、北海道の歴史や地理、アイヌ文化、考古学などを深く掘り下げて研究。他文化と比較することで文化の多様性を学び、異文化と共生できる柔軟性のある人間形成を目指します。また、実際に目で見ることのできない歴史を探るため、実物資料の観察手法を詳しく実践的にトレーニング。遺跡から発掘された土器の調査や古文書の解読、現地を訪ねるフィールドワークなどで、自分の目で確認し自分の頭で考えられる深い洞察力を養います。

課外・自己推薦

推薦入試

学びの特徴

札幌大学ならではのアイヌ文化、北方史研究
アイヌ語やアイヌ文化、北方史を学べる大学はわずかしかありません。充実した教授陣のそろう札幌大学の歴史文化専攻で、他大学にはない特色ある科目群を学びましょう。
歴史専門職を目指せるカリキュラム
歴史を教える教師や、博物館・教育委員会に勤める学芸員の資格を取得して、歴史専門分野のプロフェッショナルを目指せます。身に付けた知識や技術は公務員や一般企業でも通用します。
実物資料を観察し、
自分で考える
遺跡・遺物・古文書・記録・伝承・地形・集落などの実物資料を観察する手法を学び、過去の人々の生活や文化、歴史を考察します。自ら調べ、深く考える能力が身に付くでしょう。

在学生メッセージ

学芸員の資格取得の勉強と、
クラブ活動を両立させて頑張りたい

石戸 宏和Hirokazu Ishito
歴史文化専攻4年 青森県立青森中央高等学校出身

札幌大学を選んだのは、学芸員の資格を取りたいのと、バドミントンの部活を続けたい、この2つが理由でした。小さいころから歴史や考古学に興味があったので、学内にある埋蔵文化財展示室の企画展を考えたり、展示を準備したりする授業はとても楽しかったです。また、実習で青森県立郷土館へ行き、収蔵品の整理を手伝う貴重な経験もできました。一方、バドミントン部では部長となり、チームを束ねる大変さとやりがいを実感できました。4年間の大学生活では、資格取得とスポーツを両立して、いつか新たな歴史の発見につながるような仕事ができたらうれしいです。

取得できる資格

  • 中学校教諭一種免許状(社会)
  • 高等学校教諭一種免許状(地理歴史)
  • 博物館学芸員資格

目指す進路

  • 中学校・高等学校教員
  • 博物館学芸員
  • 発掘調査員

4年間の流れ

 多様な知の総体を概観し、2年次のゼミ選択の準備をします。
歴史文化
専攻科目
ヒトと文化基礎論
アイヌ語Ⅰ/アイヌ語Ⅱ
 
ゼミ科目 

 必修科目を履修し、外国史や日本史、さらにアイヌ文化について広く理解を深めます。
歴史文化
専攻科目
 
アイヌ語Ⅰ/アイヌ語Ⅱ
外国史/マクロ経済学/ミクロ経済学/経済史/経営史/社会思想史/
国際政治史/東洋史/西洋史/日本政治史/日本史研究法
日本史/自然地理学/人文地理学/地誌学/アイヌ文化論/西洋美術史/
ロシア史A/ロシア史B/ヒトと文化/ヨーロッパ文明史/考古学研究/
文化財論/文化人類学/社会学/日本文学史/哲学/倫理学
ゼミ科目ゼミナールⅠ
ゼミナールⅡ

 専門科目を履修し、卒業論文・卒業制作に向けて自らの研究テーマを定めます。
歴史文化
専攻科目
 
アイヌ語Ⅰ/アイヌ語Ⅱ
日本史/自然地理学/人文地理学/地誌学/アイヌ文化論/西洋美術史/
ロシア史A/ロシア史B/ヒトと文化/ヨーロッパ文明史/考古学研究/
文化財論/文化人類学/社会学/日本文学史/哲学/倫理学
日本北方史/北海道地域文化論/中国史/日ロ関係史/日本近代史/
日本現代史/人類学/アイヌの歴史/アイヌ文学/考古学特講A/考古学特講B
ゼミ科目ゼミナールⅢ
ゼミナールⅣ

 4年間の学びの集大成である卒業論文・卒業制作に全力を注ぎます。
歴史文化
専攻科目
 
アイヌ語Ⅰ/アイヌ語Ⅱ
日本史/自然地理学/人文地理学/地誌学/アイヌ文化論/西洋美術史/
ロシア史A/ロシア史B/ヒトと文化/ヨーロッパ文明史/考古学研究/
文化財論/文化人類学/社会学/日本文学史/哲学/倫理学
日本北方史/北海道地域文化論/中国史/日ロ関係史/日本近代史/
日本現代史/人類学/アイヌの歴史/アイヌ文学/考古学特講A/考古学特講B
ゼミ科目ゼミナールⅤ
ゼミナールⅥ

※画像をクリックすると開きます。
※開設科目については変更する場合があります。

主な科目

●日本近代史
日本の近代とは、戦争と平和を交互に繰り返す時代でした。この講義では、明治・大正・昭和という3つの時代を学びながら「戦争と平和とは何なのか」というテーマに接近していきます。
●アイヌ文化論、アイヌ語Ⅰ・Ⅱ
現代まで継承されてきたアイヌ文化とは、どのような文化なのか。民族は現在どのような状況に置かれているのか。北海道で歴史文化を学ぶ大学生として知っておくべき分野です。
●ヒトと文化基礎論
「文化」とは何か、ヒトはいつごろから「文化」を持ったのか、その時の環境はどのようなものであったのかなどを先史の文化より探ります。
●日本北方史
北方史とは北海道を中心とする国境を越えた歴史学です。民族、交易、支配や被支配、対外関係など、従来の北海道史とは違った視点で、北方のダイナミックな歴史を学びます。
●考古学研究
発掘方法、遺物実測、遺跡測量、遺物復元など考古学を研究するための多くの知識と技術を修得。これまでの先行研究から現在の研究の到達点まで考古学の全体像を学びます。
●自然地理学
南北両極地域の自然環境、山地・高山の自然環境と人間について、災害や環境問題をテーマに、自然と人々の関係を再考します。

時間割例

2年次(春)の主な時間割(教職課程受講)

2年次(秋)の主な時間割(教職課程受講)

専門担当教員

川上 淳
北方史/日本近世史
川名 広文
日本考古学/東南アジア考古学
本田 優子
アイヌ語/アイヌ文化
内山 隆司
経済理論の歴史/古典派経済学
千葉 隆生
製品差別化と産業内貿易
中本 和秀
経営組織論/経営史
林 研三
法社会学
工藤 孝史
近代哲学
堀川 哲
現代思想
田中 恒寿
フランス文学/フランス語
大矢 温
政治思想史/ロシア外交論

サツダイの多彩な入試制度

教育目標(カリキュラム・ポリシー:CP)

過去から現代に至る人間や社会の営み、地域(北海道)と日本・世界という空間に生きる人々について、資料や事実に基づいた客観的な実態を学び、自己と他者を相対化して共に生きるための知識を身につけた、未来を展望できる人材の養成を目指します。

到達目標(ディプロマ・ポリシー:DP)
<知識・理解>
人類学・考古学・歴史学・地理学・アイヌ文化などについて広く理解し、基礎的な知識を身につけ、さらに一つの学問を深く学んで、学校教育分野・社会教育分野・文化財保護分野などの専門職への就職に対応可能な知識を修得します。
<関心・意欲>
現代に生きる人間が、過去から続く歴史の中で生きていることに関心を向け、歴史文化の諸分野が現在に繋がっていることを自覚し、自己の生き方を積極的に考える意欲を身につけます。また、世界の人々の生き様に広く関心を向け、世界と自己の未来を見つめます。
<技能・表現>
資料を計測したり、古文書を読んだり、フィールド調査の技術を身につけたりして、対象資料を客観的に把握する技能を身につけ、さらにそれらをまとめて報告・発表できるようにします。また専門的な事項を、誰にでも易しく説明できる技能と表現力を身につけます。
<態度・志向性>
調査などの作業を通じて、ものごとに対し積極的に忍耐強く関わり、他人に左右されずに自分で考え、自分で判断して行動する態度を身につけます。またフィールドワークなどを通じて、多くの人々とのコミュニケーションを大切にし、集団の中で協調して行動できる人材を目指します。

入学願書請求はこちら

入学願書請求はこちら