学群・専攻

教職課程

教職課程専任教員や「教職センター」によるサポートで、
多くの教員を輩出しています。

教職課程とは

教職課程とは

教職課程とは、教員になるための準備教育を行う特別なコースです。所定の単位を修得すると教員免許状の申請ができます。実際に教員になるには、教員免許状を取得した上で、公立学校であれば都道府県ごとに実施される採用試験に、私立学校であればその学校が実施する採用試験に合格する必要があります。
教職課程では、教職に就くために必要な専門知識や素養を身に付けます。実際のコースは、1年次から始まる「教科に関する科目」と2年次から始まる「教職に関する科目」に大別されます。この後者を「教職科目」と通称し、大学で教職課程といえば、通常この「教職科目」を履修するコースを指します。

2020年度教員採用試験合格者数

2020年度教員採用試験合格者数
北海道教員
採用試験
特別支援学校中学部
(保健体育)合格

諦めそうになると必ず
先生たちが励ましてくれました。

星川 紅葉

Hoshikawa Momiji

スポーツ文化専攻 2019年度卒業
北海道札幌東商業高等学校出身

入学時の目標は、保健体育の教員免許を取ることと、小学1年から続けてきたバスケットボールも手を抜かず、勉強と両立させることでした。2年に全道優勝してインカレ出場、3年には北海道選抜として国体に出場できましたが、4年になると教育実習などで部活に出られず、プレーヤーを辞めるべきか悩みました。なんとか続けられたのは「どちらも頑張ればこそ、生徒に伝えられるものもある」と先生が声を掛けてくれたからです。先生たちには採用試験対策や面接練習で本当にお世話になりました。合格発表を見たときは、信じられない気持ちでいっぱいでした。常に「自信を持ちなさい」と励ましてくださった先生たちに感謝しています。

北海道札幌国際情報高等学校
グローバルビジネス科長

全道どこへ行っても札幌大学出身の教員仲間がいる。
同窓のつながりは心強いものです。

中島 将輝

Nakajima Masaki

経営学部経営学科(現・経営学専攻) 2003年度卒業
北海道滝川西高等学校出身

高校時代は野球部で、2年の夏に甲子園に出場しました。私は応援席でしたが、貴重な経験をさせてもらったと思っています。その時の監督で担任だったのが、現在札幌大学で教鞭をとられている高石克美准教授で、自分も将来は教員になり高校野球の部活動にかかわりたいと思い、札幌大学に入学しました。大学では教員養成のゼミに入り、教職センターに所属して、商業と情報、二つの免許を取得。卒業後は上士幌高校、紋別高校と勤務し、現在の高校で3校目になります。教職に就いて17年になりますが、いまも大切にしているのは「目の前の生徒に全力で向き合う」という恩師の教えです。教え子達からクラス会に呼ばれたり、結婚式に招かれたりするのは教師冥利に尽きます。私は道東、道北、道央の高校に赴任しましたが、驚いたのは、どこの地域に行っても札幌大学出身の先輩教員がいること。本校の同僚には私と同じゼミだった友人もいます。教職に限らず大学時代の仲間とはいまだに親交があり、食品会社の開発部門で働く友人が課題研究授業に指導に来てくれたこともあるんです。札幌大学の人脈は、公私にわたって自分の糧になっていると感じています。

ニーズが高まる特別支援学校教諭の免許も取得可能

特別支援学校教諭課程では、さまざまな障がいのあるこどもたちの教育に携わり、自立や社会参加を支援する教師を養成します。中学校及び高等学校教諭一種の免許を取得することを条件とし、特別支援学校教諭課程の単位を修得・申請することで特別支援学校教諭一種(知的障がい者・肢体不自由者・病弱者に関する教育の領域)免許状を取得することができます。

教育のレベルアップをはかる「札幌大学教友会」

1984年に設立された「札幌大学教友会」は、教員や事務職員などとして教育機関に勤務する札幌大学卒業生の集まりです。毎年、札幌大学を会場として各教科に分かれた研修会を実施するなど、日頃の教育について情報交換を行い、互いのレベルアップに努めています。

取得できる教員免許状
  免許状の種類と免許教科・科目
中学校教諭一種 高等学校教諭一種 特別支援学校教諭一種
(知的障がい者、肢体不自由者、病弱者)
経済学専攻      
地域創生専攻      
経営学専攻   商業、情報
法学専攻 社会 公民
現代政治専攻      
英語専攻 英語 英語
ロシア語専攻 ロシア語 ロシア語
歴史文化専攻 社会 地理歴史
日本語・日本文化専攻 国語 国語
中国語・中国文化専攻      
異文化コミュニケーション専攻      
スポーツ文化専攻 保健体育 保健体育
リベラルアーツ(現代教養)専攻      

※スポーツ文化専攻開設の特別支援学校教諭課程の単位を修得・申請することが必要となります。

札幌大学で教員を目指すプロセス

教員を目指すプロセス

教科に関する科目

各専攻の専門科目の中で、免許状取得のために必要となる科目。教科を教えるための専門知識を身に付ける科目です。

教職に関する科目(教職科目)

教職という専門職に求められる資質や能力を身に付ける科目。教職への使命感にあふれ実践的な指導力を持った教員になるために、教育とは何か、学校の役割、生徒理解、指導方法などについて学びます。

教育実習

4年次に自分の出身校などで実施します。事前に自ら教育実習校を訪問して教育実習の依頼をします。実習期間は高等学校教論一種免許で2週間、中学校教論一種免許で3〜4週間です。教材研究指導など万全の態勢で実習に臨めるようサポートします。

介護等体験

中学校教論一種免許を取得する場合、特別支援学校と社会福祉施設において7日間以上の介護等体験を行う必要があります。将来教員となる強い意志を持った人のために設けられた制度です。

教職センター

教職センター

教職課程専任教員のほかに、現場での豊富な教職経験を持つ専任教員などの力強いサポートによって効果的な受験勉強に取り組むことができます。週2回のペースで講習を行い、学生は教員採用試験に必要となる各領域の知識を「オリジナル教材」としてまとめ、10分ずつの模擬授業を行うほか、ロールプレイングなども行います。このような実践的なメニューを繰り返しながら、スキルと自信を積み重ねていくことができます。
 

専門担当教員

木村 宣孝
特別支援教育/発達障害教育/
キャリア教育

詳細を見る

高橋 和明
特別支援教育/肢体不自由教育/
重度・重複障害教育

詳細を見る