札幌大学/札幌大学女子短期大学部

札幌大学
トップ

学業特待生

複数の優遇措置に該当する場合、優遇措置における免除額が高い基準を採用します。
特待生として入学した場合、他の札幌大学独自の経済支援制度との併給不可となる場合があります。
下記特待生制度は、2019年度入学生を対象とし、後続年度入学生については変更する場合があります。

学業特待生制度
入試制度 対象 優遇措置
一般入試(A・B日程)
大学入試センター試験利用入試(A・B日程)
総合点の得点率が80%以上の者の中で成績上位者 在学中の授業料全額※
または半額免除
一般入試(A日程)ハイレベル
大学入試センター試験利用入試(A日程)ハイレベル
合格者 在学中の授業料全額※
または半額免除
推薦入試(公募制)ハイレベル ハイレベル入試合格者の中で、学業特待生としてふさわしい者と判断された場合 1年次春学期の授業料から入学金相当額免除
推薦入試(指定校制) 全体の評定平均値が4.3以上あり、審査合格者
〈学業特待(指定校)〉
1年次春学期の授業料から入学金相当額免除
推薦入試(指定校制)
推薦入試(公募制)
自己推薦特別入試[資格][活動](A・B・C日程)
対象となる資格を有する者 
〈学業特待(資格取得)〉
対象となる資格により、 のいずれか

※入学後、学期毎に学業成績の審査があります。

「学業特待生」に関する留意事項

  1. 対象となる資格は、出願時において、資格を証明する合格証明書または合格証の写しの提出が必要です。
  2. 対象となる資格は、原則高等学校在学中に取得することを要件とし、資格を証明する合格証明書または合格証の写しは、当該年度3月31日までに提出してください。
  3. 対象となる資格を有する場合、新たに取得した場合は、あらかじめ札幌大学入学センター(TEL.011-852-9153)へご連絡ください。
学業特待生(資格取得)対象となる資格と優遇措置(大学)
入試制度 対象 優遇措置・基準
在学中の授業料
全額免除
在学中の授業料
半額免除
1年次春学期の
授業料から
入学金相当額免除
推薦入試(指定校制)
推薦入試(公募制)
自己推薦特別入試[資格][活動](A・B・C日程)
実用英語技能検定
(日本英語検定協会)
1級合格 準1級合格 2級合格
TOEFL-iBT 91以上 82以上 53以上
IELTS 7.0以上 6.0以上 5.0以上
通関士(財務省)   合格  
簿記検定試験
(日本商工会議所)
1級合格   2級合格
簿記能力検定試験
(全国経理教育協会)
上級試験合格   1級合格
公認会計士(金融庁) 合格 短答式合格  
応用情報技術者試験
(経済産業省)
合格    
基本情報技術者試験
(経済産業省)
    合格

※入学後、学期毎に学業成績の審査があります。

授業料免除者の学費等納付金

全額免除の場合
春学期 秋学期 初年度計 2年次以降各年度納付金
学費 入学金 200,000 - 200,000 -
授業料 0 0 0 0
施設設備費 60,000 60,000 120,000 120,000
合計 260,000円 60,000円 320,000円 120,000円
4年間の授業料免除額308万円
半額免除の場合
春学期 秋学期 初年度計 2年次以降各年度納付金
学費 入学金 200,000 - 200,000 -
授業料 192,500 192,500 385,000 385,000
施設設備費 60,000 60,000 120,000 120,000
合計 452,500円 252,500円 705,000円 505,000円
4年間の授業料免除額154万円

※授業料の減免については、入学後、学期毎に学業成績の審査があります。
※入学金は初年度のみ必要となります。
※2年次以降の学費はスライド制により改訂になる場合があります。
※別途諸費として初年度春学期に42,500円、以降各年度春学期に14,000円の納入をお願いしています。

CONTENTS