学群・専攻

スポーツ文化専攻

多様性ある社会をスポーツから構築する。
私たちの生きる社会にある課題を理解し、

未来を切り開く
力を醸成する。

たとえば、スポーツを通して社会にある課題は「スポーツ社会学」の授業で発見し、
社会の変遷について「スポーツ史」で理解し、その本質を「スポーツ哲学」で見抜き、
「スポーツマネジメント」で解決方法を考え、課題解決力を身につける。

進路イメージ

実践的な教育を受けた
スキルを活かして
スポーツ指導員などを目指す一方で、
保健体育(中・高)の教員資格なども
取得することができます。

取得できる資格

●中学校教諭一種免許状(保健体育)
●高等学校教諭一種免許状(保健体育)
●特別支援学校教諭一種

目指す資格

●体道初段(全日本体道連盟)

目指す進路

●保健体育科教員(特別支援含む)
●スポーツ指導員
●公務員
●民間企業
■こんな学生にオススメ
◎スポーツが好き。スポーツに関わる仕事につきたい
◎保健体育、特別支援の教員になりたい
■学びのポイント

スポーツとは何か?
スポーツにはどんな力があるのか?
スポーツを「学問」として科学的に考察

スポーツの実践法や指導法も
理論的、体験的に学べる

誌上ゼミナール 瀧元 誠樹先生

あなたの住む地域を舞台に、
SDGsから一つのゴールを選び
それを目的としたスポーツイベントを
企画してみよう。

スポーツの力で地域課題を解決することはできるでしょうか?「持続可能な開発目標(SDGs)」の17のゴールを自分の住む地域の課題と照らし合わせて一つを選び、スポーツの持つ力で解決を図ってみましょう。

専門担当教員

木村 宣孝
特別支援教育/
発達障害教育/
キャリア教育

詳細を見る

高橋 和明
特別支援教育/
肢体不自由教育

詳細を見る

  • 進路実績

    民間企業/ゆうちょ銀行、サントリービバレッジサービス、北海道旅客鉄道、ニトリ、野口観光マネジメント、リーフラス、RIZAPグループ、ダックスポーツ など
    公務員/蒲郡市役所、公立学校教員(保健体育・特別支援)、札幌市消防、千歳市消防、北海道警察 など

  • 教育目標(カリキュラムポリシー:CP)

    スポーツから人と人とをつなぐコミュニケーションの在り方を考えさせ、スポーツの国際的な広がりやスポーツと地域の関わりについて多角的に学ぶ機会を提供し、国際社会・地域社会に貢献できる人の育成を目指します。

  • 到達目標(ディプロマポリシー:DP)

    〈知識・理解〉
    スポーツ科学の学際的な特長に応じた知識(スポーツの人文科学的、社会科学的、自然科学的な知識)と実践力を総合的に身につけます。

    〈関心・意欲〉
    スポーツを通して世代や地域の枠を超えたあらゆる人々について関心を持ち、主体的に様々な人々とコミュニケーションがとれるようになります。

    〈技能・表現〉
    スポーツの教育的な価値を理解し、スポーツを通して人を育む能力を身につけ、適切な運動の方法や知見を示範・提示できる能力を身につけます。

    〈態度・志向性〉
    スポーツ文化を学ぶことで全人的なバランスのとれた態度で自然と社会に働きかけることができ、自然環境や社会の在り方について深く考え、貢献することができます。

関連ページ