学群・専攻

スポーツ文化専攻

学びのキーワード

#スポーツ史 #スポーツマネジメント
#スポーツ教育学 #運動生理学
#スポーツ指導員 #保健体育科教員
#特別支援教員 #公務員

学べば学ぶほど見えてくる、スポーツの可能性。
理論と実践を兼ね備えたプログラムで、スポーツの力を探ります。

スポーツとは何か?スポーツにはどんな力があるのか?スポーツ文化専攻では、身近なスポーツから深く掘り下げて考えていきます。そのためにはスポーツを学問として科学的に考察するとともに、自ら実践していく姿勢が欠かせません。スポーツが地域社会や国際社会においてどのような役割を果たしているのかを理解し、教育としてのスポーツ、文化としてのスポーツを体験的に学んでいきます。スポーツ文化専攻の知識と実践を兼ね備えたプログラムの中でスポーツを捉え直せば、スポーツの持つ可能性がきっと見えてくるはず。大好きなスポーツについて究める4年間の学びを、ぜひ人生の財産にしてもらいたいと思っています。

ゼミナール

岩本 正姫ゼミナール

岩本 正姫ゼミナール

テーマ

健康とスポーツを科学する

スポーツ健康科学分野における理解を深め、
保健・体育分野やスポーツ指導者に必要な教養を身につける

本ゼミナールは、スポーツ健康科学の幅広い知識を身につけるために、スポーツや健康づくりにおける諸問題や課題について、理解を深め、レポート作成やプレゼンテーションの方法を学びます。学生自身が主体的に興味関心や問題点を見いだし、課題解決能力を養い、ディスカッションを通じてコミュニケーション能力を身につけます。また、運動生理学を基礎にして、さまざまな年齢層やニーズにあった健康づくりやトレーニングを学びます。

学びのポイント

スポーツ文化を
総合的に理解できる

スポーツを理解するために、人文科学、社会科学、自然科学それぞれの領域からの講義、そして実践演習を通して総合的に学びます。

スポーツを実践するための
方法や指導法を学べる

トレーニングを効率よく行う方法から、子どもや高齢者、障がいのある人を対象にしたスポーツプログラムの提供まで、スポーツの実践法や指導法を理論的、体験的に学べます。

スポーツから地域社会・
国際社会が見えてくる

地元のプロ野球チームは地域の一体感を醸成します。オリンピックは国際交流を促します。スポーツ文化を学ぶことで見えてくる、地域社会や国際社会のあり方を考えます。

STUDENT'S VOICE

STUDENT'S VOICE

目標は二つ。体育の教員になることと、
ボルダリングで全国ベスト8に入ること。

佐川 奎汰

Sagawa Keita

スポーツ文化専攻2年
北海道遠軽高等学校出身

高校時代、子ども向けのスポーツ教室でボランティアをして、保護者や先生から「教え方が上手」と褒められたことがきっかけで、体育の教師を目指すようになりました。いまはスポーツ文化専攻で体育実技から運動生理学などのスポーツ理論、具体的な指導法やケガの手当てまで、幅広く学んでいます。また、高校から始めたスポーツクライミングではボルダリング競技を専門に取り組んでいて、在学中に全国大会でベスト8に入るのが目標です。

取得できる資格

  • 中学校教諭一種免許状(保健体育)
  • 高等学校教諭一種免許状(保健体育)
  • 特別支援学校教諭一種

目指す資格

  • 体道初段(全日本体道連盟)

目指す進路

  • 保健体育科教員(特別支援含む)
  • スポーツ指導員
  • 公務員
  • 民間企業

進路実績

民間企業/ゆうちょ銀行、サントリービバレッジサービス、北海道旅客鉄道、ニトリ、野口観光マネジメント、リーフラス、RIZAPグループ、ダックスポーツ など
公務員/公立学校教員(保健体育・特別支援)、札幌市消防、千歳市消防、北海道警察 など

4年間の流れ

1年次
基盤教育を通じてスポーツを取り巻く社会や文化・歴史的背景を学びます。
2年次
スポーツ諸科学の基礎理論を学び、スポーツに関わる課題状況を把握します。

スポーツ文化専攻科目

特別支援教育総論
救急・応急処置演習/スポーツ文化論/スポーツ教育学/スポーツマネジメント/生理解剖学/生理学(運動生理学を含む)/スポーツ社会学/スポーツ哲学/スポーツ心理学/コーチング/運動学(バイオメカニクス)/野外教育論/スポーツ史/日本武芸文化論/知的障害者の心理・生理・病理/肢体不自由者の心理・生理・病理/病弱者の心理・生理・病理/知的障害教育論Ⅰ/肢体不自由教育論Ⅰ/視覚障害者の心理・生理・病理/視覚障害教育論/聴覚障害者の心理・生理・病理/聴覚障害教育論

ゼミ科目

ゼミナールⅠ/ゼミナールⅡ
3年次
スポーツ諸科学の応用を学び、演習を通して実践力を身に付けます。卒業研究に向けた方法を身に付け、各自の研究テーマを設定します。

スポーツ文化専攻科目

発達障害教育総論
救急・応急処置演習/スポーツ文化論/スポーツ教育学/スポーツマネジメント/生理解剖学/生理学(運動生理学を含む)/スポーツ社会学/スポーツ哲学/スポーツ心理学/コーチング/運動学(バイオメカニクス)/野外教育論/スポーツ史/日本武芸文化論/知的障害者の心理・生理・病理/肢体不自由者の心理・生理・病理/病弱者の心理・生理・病理/知的障害教育論Ⅰ/肢体不自由教育論Ⅰ/視覚障害者の心理・生理・病理/視覚障害教育論/聴覚障害者の心理・生理・病理/聴覚障害教育論
医学概論/栄養学/学校保健/学校安全/精神保健/衛生学及び公衆衛生学/トレーニング・評価/日本武芸文化演習/野外活動演習/スポーツ・レクリエーション演習/ゴール型球技A/ゴール型球技B/ネット型球技A/ネット型球技B/野球型球技/体操・器械体操/陸上競技/水泳/武道A/武道B/ダンス/知的障害者の心理アセスメント/知的障害教育論Ⅱ/肢体不自由教育論Ⅱ/病弱教育論/重複障害教育総論

ゼミ科目

ゼミナールⅢ/ゼミナールⅣ
4年次
卒業研究を通して、スポーツ文化専攻での学びを集大成。

スポーツ文化専攻科目

救急・応急処置演習/スポーツ文化論/スポーツ教育学/スポーツマネジメント/生理解剖学/生理学(運動生理学を含む)/スポーツ社会学/スポーツ哲学/スポーツ心理学/コーチング/運動学(バイオメカニクス)/野外教育論/スポーツ史/日本武芸文化論/知的障害者の心理・生理・病理/肢体不自由者の心理・生理・病理/病弱者の心理・生理・病理/知的障害教育論Ⅰ/肢体不自由教育論Ⅰ/視覚障害者の心理・生理・病理/視覚障害教育論/聴覚障害者の心理・生理・病理/聴覚障害教育論
医学概論/栄養学/学校保健/学校安全/精神保健/衛生学及び公衆衛生学/トレーニング・評価/日本武芸文化演習/野外活動演習/スポーツ・レクリエーション演習/ゴール型球技A/ゴール型球技B/ネット型球技A/ネット型球技B/野球型球技/体操・器械体操/陸上競技/水泳/武道A/武道B/ダンス/知的障害者の心理アセスメント/知的障害教育論Ⅱ/肢体不自由教育論Ⅱ/病弱教育論/重複障害教育総論
教育実習

ゼミ科目

ゼミナールⅤ/ゼミナールⅥ

※基盤教育科目についてはこちらをご覧ください。※開設科目については変更する場合があります。

主な科目

スポーツ文化論、
スポーツ史、スポーツ哲学

スポーツの起源は何か?スポーツを文化として捉え、人文・社会科学的な視点から考察。スポーツを切り口にして世界史や国際社会・地域社会についての理解を深めます。

日本武芸文化論、
日本武芸文化演習

日本の伝統文化としての武道について、歴史や武芸伝書の読解、実技演習を通して、身体技法や思想を深く学び、将来に伝承すべき武道像について考察します。

スポーツマネジメント、
スポーツ社会学

プロ野球やJリーグなどスポーツはビジネスの側面も合わせ持ちます。スポーツ組織の運営やマネジメントはもとより、スポーツマーケティングの現状についても学びます。

運動生理学、スポーツ心理学、
運動学、コーチング<

一流選手の養成には科学的なバックアップが不可欠です。スポーツが人体に及ぼす影響を科学的に分析する運動生理学をはじめ、トレーニングのための科学的知見を身につけます。

スポーツ教育学、
救急・応急処置演習

講義はもちろん各実技科目を通して、体育・スポーツに関する専門的な指導法やリスクマネジメントについての知識を修得。将来、指導者として活躍できるよう実践力を養います。

野外教育論、
野外活動演習

生きる力をはぐくむ自然体験活動の魅力、野外教育の意義と価値について学びます。指導者としての野外活動プログラムの実践方法を身につけます。

主な時間割例

主な時間割例

専門担当教員

木村 宣孝
特別支援教育/発達障害教育/
キャリア教育

詳細を見る

教育目標(カリキュラムポリシー:CP)

スポーツから人と人とをつなぐコミュニケーションの在り方を考えさせ、スポーツの国際的な広がりやスポーツと地域の関わりについて多角的に学ぶ機会を提供し、国際社会・地域社会に貢献できる人の育成を目指します。

到達目標(ディプロマポリシー:DP)

<知識・理解>

スポーツ科学の学際的な特長に応じた知識(スポーツの人文科学的、社会科学的、自然科学的な知識)と実践力を総合的に身につけます。

<関心・意欲>

スポーツを通して世代や地域の枠を超えたあらゆる人々について関心を持ち、主体的に様々な人々とコミュニケーションがとれるようになります。

<技能・表現>

スポーツの教育的な価値を理解し、スポーツを通して人を育む能力を身につけ、適切な運動の方法や知見を示範・提示できる能力を身につけます。

<態度・志向性>

スポーツ文化を学ぶことで全人的なバランスのとれた態度で自然と社会に働きかけることができ、自然環境や社会の在り方について深く考え、貢献することができます。

関連ページ