学群・専攻

法学専攻

一言でいえば

リーガル・マインド。

社会のルールを理解し、
それを活用できる人材を目指します。

ルールを知らずにスポーツの名選手になれないのと同じで、社会で活躍するためには社会のルールをよく理解し、
それを活用する能力が必要とされます。
「法学専攻」では、まさにその社会のルールについて学び、活用する能力を養います。

こんな学生にオススメ

  • 公務員をめざしている

  • 憲法改正や条例の
    ニュースに興味がある

  • 社会の課題とルールに
    ついて学びたい

■学びのポイント

法の基礎知識を身につけ、
さらに「金融と法」「情報と法」などの
現代的な問題を法を通じて考える。

さまざまな事件や問題を
法の理念に照らし合わせて、
その法律をどう適用するかについて学ぶ。

■進路イメージ

進路に合わせてコース(法専門職・公務員コース、パブリックセキュリティーコース、ビジネス法務コース)を選択できます。

取得できる資格

●中学校教諭一種免許状(社会)
●高等学校教諭一種免許状(公民)

目指す資格

●司法書士
●行政書士
●税理士(法律科目)
●宅地建物取引士(宅建士)

目指す進路

●法科大学院進学
●公務員(大卒程度、事務職)
●公務員(警察官、消防吏員)
●民間企業

誌上ゼミナール 西村 曜子先生

「この家の床下は腐食して危険。
今すぐ直した方が良い!」
と言われ、工事を契約。
でも実はそんな危険はなかった。
契約をやめられる?

契約は、守らなければなりません。でも、相手の判断を誤らせるような不当なやり方でなされた契約は、取り消すことができます。相手をだますことが許される世の中になってしまうと、相手を信頼して「物を買う」「仕事を頼む」といった経済活動を行うことが難しくなるからです。契約のルールを学ぶことは、社会生活の中で適切に取引を行う素養を身につけることにつながります。

  • 1

    これは詐欺?

    詐欺というのは、相手をだますことによって相手の財産を奪うことです。民法では、「詐欺」による契約は取り消せると規定しています。ここでは、「相手がわざとだましたこと」の証明が必要となりますが、「わざと」であることの証明は難しいのが現実です。

  • 2

    消費者として保護される?

    そこで消費者契約法では、消費者が、事業者から「事実に反する内容を告知された」場合には、消費者は契約を取り消せるとされています。一般に、私たち(消費者)と事業者との間には、知識や情報に大きな差があります。特に住宅の問題は、わかりやすい資料や説明がない限り、私たちには判断が難しいもの。わざとだましたことの証明がいらないので、民法の規定よりも手厚く保護されるといえます。

  • 3

    ルールを使って考えよう

    今回のケースでは、どのような事実があれば「わざとだました」あるいは「事実に反する内容を告知した」といえるでしょうか。具体的に考えてみることが大切です。法学を学ぶことは、人間関係を多様な角度からとらえ、問題を法的に解決するスキルを身につけることにつながります。

専門担当教員

  • 進路実績

    民間企業/日本地建、北海道セキスイハイム、日弘ヒーテイング、合同容器、須田製版、KDDIエボルバ、ホープス、北海道丸和ロジスティクス、サントリービバレッジサービス、エネサンス北海道、トヨタ部品北海道共販、ほくやく、イオン北海道、東急百貨店、札幌トヨタ自動車、サッポロドラッグストアー、ゆうちょ銀行、北海道労働金庫、帯広信用金庫、日本生命保険相互会社、ホクレン農業協同組合連合会 など
    公務員/裁判所事務官、刑務官、自衛隊、北海道警察、千葉県警察、苫小牧市消防吏員、北斗市職員、恵庭市職員、南富良野町職員、日高町職員、秋田県能代市職員 など
    進学/東京外語大学大学院、京都大学法科大学院

  • 教育目標(カリキュラムポリシー:CP)

    法学専攻では、現代社会の背後にある法の仕組みを理解した上で、法的な思考方法を通じて様々な問題の解決策を導きだせる人材を育成します。特に、警察官や消防士、地方自治を担う地方公務員、法律専門職や、法的な思考方法が役立つ分野の民間企業で活躍する人材を育成します。

  • 到達目標(ディプロマポリシー:DP)

    〈知識・理解〉
    法学の基礎知識を得た上で、法的な思考方法を理解します。

    〈関心・意欲〉
    事実を見出す調査力、問題を法的に理解する分析力、そして、対話の中から真実を見出すコミュニケーション力を身につけます。

    〈技能・表現〉
    継続的に学びを深め、法的な思考方法を用いて他者に貢献していく意欲をもつようになります。

    〈態度・志向性〉
    多面的に物事を捉え中庸と寛容を重んじる態度を身につけます。

関連ページ