過去のニュース

札幌大学トップ > ニュース一覧 > 過去のニュース一覧 > SU News > 2011年 > ウレシパ・プロジェクト海外研修参加学生が高橋知事から激励を受けました

SU News

2011.10.28

ウレシパ・プロジェクト海外研修参加学生が高橋知事から激励を受けました

ウレシパ道庁表敬集合

 

ウレシパ報告1ウレシパ報告2

 

札幌大学ウレシパ・プロジェクト(※)の海外研修の実施に先立ち、10月27日(木)、本学の佐藤俊夫理事長、本田優子副学長、および研修参加学生が北海道庁を表敬訪問し、ドイツ連邦共和国での海外研修の実施について、高橋はるみ北海道知事に報告しました。

佐藤理事長の挨拶、本田副学長の報告に続き、参加学生ひとりひとりが自己紹介と海外研修へ向けた豊富を述べ、高橋知事からは「自信を持って北海道のアイヌ文化を世界にアピールし、多くのことをドイツで得てきてください。」と激励の言葉を頂きました。

今回の海外研修では、同プロジェクトの活動を担う札幌大学ウレシパ・クラブの学生達が、ドイツ連邦共和国・フランクフルトで開催される『第36回ジャパンウィーク(主催:公益財団法人国際慈善協会)』に参加し、初めて日本国外でアイヌの伝統芸能を披露します。

 

海外研修日程

11月6日(日) 新千歳発 成田経由フランクフルト着
11月7日(月) ライプツィヒへ移動
11月8日(火) ライプツィヒ民族学博物館訪問 フランクフルトへ移動
11月9日(水) 第36回ジャパンウィークで公演
11月10日(木) ハイデルベルク民族学博物館訪問 フランクフルト発
11月11日(金) 成田経由新千歳着

関連記事:ウレシパ・プロジェクト海外研修参加学生等が北海道庁を表敬します

※ウレシパとは、アイヌ語で「助け合い」を意味する言葉です。