過去のニュース

札幌大学トップ > ニュース一覧 > 過去のニュース一覧 > 地域貢献 > 2013年 > [7/12]札大のお兄さんお姉さんと遊ぼう!札幌市立西岡小学校ミニ児童会館小学生への学び・遊びのサポートを実施しました

地域貢献

2013.07.18

[7/12]札大のお兄さんお姉さんと遊ぼう!札幌市立西岡小学校ミニ児童会館小学生への学び・遊びのサポートを実施しました

教職AP1

札幌大学インターコミュニケーションセンター(SUICC)で7月12日(金)16時15分から、本学学生(教職課程を履修する教職アクションプログラム(*)学生)17人が、札幌市立西岡小学校ミニ児童会館を利用する小学生21人へ、学びと遊びのサポートを行いました。

小学生は、本学学生のサポートのもと、国語や算数のプリントをじっくりと取り組んだり、戸外で大縄跳びや鬼ごっこなどを元気いっぱい楽しみました。

教職AP2

教職AP3

 

本学教職アクションプログラム学生は、今後も継続して地域の子どもたちへのサポート活動を実施し、地域貢献、子育て支援を行っていきます。また、これらの活動や研修などを通じて深く社会と関わり、問題発見力、解決能力など社会人として求められる実践的な力を養います。

 

講師荒木奈美講師・武川一彦准教授・百井悦子教授
ボランティア学生教職課程を履修する教職アクションプログラム学生17人
内容<学び>プリント <遊び>縄跳び、鬼ごっこ、ダーツゲーム
参加者札幌市立西岡小学校ミニ児童会館を利用する小学生21人
(1年生4名、2年生8名、3年生7名、4年生2名)
問い合わせ SUICC(札幌大学インターコミュニケーションセンター)
TEL:011-852-9138

 

※教職アクションプログラムとは

子どもたちが置かれている社会の現状を体験的に理解し、卒業後は教師として地域社会に貢献したいという明確な目標を持つ学生が所属し、教職センターが指導を行うプログラムです。