ニュース

バドミントン部が東日本インカレに出場・男子が全日本出場権を獲得しました

2019年9月 9日 スポーツ・文化

20190909_img3.jpg
男子シングルス:工藤蒼大

8月31日(土)から北海きたえーるにて開催された、第62回東日本学生バドミントン選手権大会(東日本インカレ)に、本学の男子バドミントン部と女子バドミントン部が出場しました。

団体戦は男女ともに初戦敗退と残念な結果となりましたが、男子個人戦においてダブルスでベスト16、シングルスでベスト32に入りました。 この結果により、10月に神奈川県小田原市で開催される、第70回全日本学生バドミントン選手権大会(全日本インカレ)の出場権を獲得しました。また、東日本インカレ終了後に北海道の学生のみで行われた全日本インカレ決定戦においても、男子ダブルスで全体の2位に入り、同じく全日本出場権を獲得しました。おめでとうございます!
本学男子バドミントン部の全日本インカレ出場は、2003年以来、実に16年ぶりとなります。
全日本インカレでの活躍も期待しています!
全日本インカレ出場権を獲得した選手は以下になります。

■東日本インカレ結果
【男子ダブルス】
ベスト16:須藤弘光(経営学専攻2年・札幌第一高校卒)・中山諄(英語専攻2年・旭川実業高校卒)組
【男子シングルス】
ベスト32:工藤蒼大

■全日本インカレ決定戦(北海道学生のみ)結果
【男子ダブルス】
2位:工藤蒼大(法学専攻1年・北海道大谷室蘭高校卒)・山村勇人(経営学専攻1年・旭川実業高校卒)組

バドミントン部への応援よろしくお願いいたします。

問い合わせ先

男女バドミントン部顧問 中谷 浩志
TEL:011-852-9608(学生支援課 短大担当)

この記事をシェアする

  • LINE

この記事の関連記事

Information