HOME > 学群・専攻 > 専攻一覧 > 経済学

経済学専攻

「経済」を学べば、世の中のしくみが見えてくる。「お金」という道具の使い方をマスターしよう!
基盤教育科目である「経済学入門A・B」と経済学専攻科目である「マクロ経済学」「ミクロ経済学」は、履修合格水準が外部の試験であるERE経済学検定試験(マクロ・ミクロ)の合格レベルとリンクするように設計されています。コア科目の理解が進むにつれて、厳選されたその他の講義科目群が充分理解できるようになり、自分の夢に適した各種試験にチャレンジできる実力が身に付きます。経済学を学んだ先輩たちの成果は、国家公務員(総合職・一般職)・国税専門官・札幌市役所・函館市役所・警視庁・北海道警察、東京大学はじめ有名大学院への進学や留学などの実績として残っています。もちろん、民間企業の就職にも有利に働き、多くの実績があります。

A日程一般入試出願期間

A日程センター試験利用入試出願期間

学びの特徴

長い人生での
さまざまな選択に
どんな仕事に就いたらいいか分からない。就職するなら長く勤めたいがどの企業がいいか分からない。そんな風に迷う学生のために経済学は今後の業界や企業の見通しを示します。資格を取得して人生の選択の幅を広げるサポートも充実しています。
金融関係の就職に
圧倒的に有利
経済学専攻の教員には、金融関係の専門家が在籍しています。銀行や証券会社・保険会社といった金融業界を具体的にいろいろな角度から解説するので、実際の仕事の内容がよく分かるはずです。もちろんファイナンシャルプランナーなどの資格取得に有利な授業内容となっており、金融関係に就職したい学生を強力にサポートします。
公務員試験にも
強さを発揮
公務員試験には独学が難しい経済関連の問題が多数出題されますから、経済学の知識は公務員を目指す人に必須です。経済学専攻は公務員試験を視野に入れた講義が複数あり、試験対策にも有利で、サポート体制もしっかりしています。

在学生メッセージ

学生研究会の運営で得た自信と人脈が
これからの就職活動の糧になるはず

仲矢 廉太郎Rentaro Nakaya
1年次:経営学専攻→2年次:経済学専攻(現在4年次)
旭川実業高等学校出身

経営学専攻で入学し、2年次からは経済学専攻に変更しました。もっと広い視野で社会全体のお金の流れを学び、将来は金融系で働きたいと思ったからです。3年次にはゼミの取り組みで、複数の大学で組織する北海道学生研究会「SCAN」の活動に参加。運営本部の副代表として協賛金の依頼に企業を回ったり、シンポジウムの開催に向け登壇者を探したり、滅多にない経験をさせてもらいました。人前で企画内容をプレゼンテーションすることで度胸がつき、たくさんの人と出会うことで大きな刺激を受けました。今後の就職活動にも役立ちそうです。

専攻紹介動画

取得できる資格

  • 学修の副産物として、外部の検定試験や資格試験に合格できます。

目指す資格

  • ファイナンシャル・プランニング技能士2級以上
  • ERE経済学検定A(偏差値60程度)以上
  • ITパスポート試験
  • 各種公務員試験
  • 公認会計士・税理士
  • 証券アナリスト

目指す進路

< 民間企業 >

  • ゆうちょ銀行、北洋銀行、日本生命、野村證券、JA(農協)、JR北海道、トヨタテクノクラフト、マキタなど

< 公務員 >

  • 国家公務員(総合職、一般職)
  • 北海道職員
  • 市町村職員(札幌市、旭川市、函館市など)
  • 北海道警察、警視庁など
  • 大学院進学・海外留学

4年間の流れ

 基本概念を学び、全体像を捉えます。「経済学入門A」、「経済学入門B」で経済学の基礎をしっかり学び、資料データ分析について学びます。
経済学
専攻科目
マクロ経済学入門A/マクロ経済学入門B/ミクロ経済学入門A/ミクロ経済学入門B/資料・データ分析
ゼミ科目 

 「ミクロ経済学」「マクロ経済学」で経済学の基礎理論を、「計量経済学」で数量的な経済学の捉え方を、「日本経済論」「ファイナンス」で経済の現状や金融の基礎知識などを学びます。
経済学
専攻科目
マクロ経済学(基礎理論)/マクロ経済学(理論)/マクロ経済学(応用)/ミクロ経済学(基礎理論)/ミクロ経済学(理論)/ミクロ経済学(応用)/日本経済論/ファイナンス
計量経済学(理論)/計量経済学(応用)/地域創生論A/地域創生論B
ゼミ科目ゼミナールⅠ
ゼミナールⅡ

 関心のある資格試験の合格を勝ち取る実力を磨きます。厳選された専門科目群から、将来の職業選択に有利な履修計画を立案して、就職や進学の準備をします。
経済学
専攻科目
計量経済学(理論)/計量経済学(応用)/地域創生論A/地域創生論B
応用経済学A(国際協力論)/応用経済学B(地域経済学)/応用経済学C(観光経済学)/応用経済学D(国際経済学)/応用経済学E(地方財政論)/応用経済学F(経済学史)/応用経済学G(世界経済論)/応用経済学H(海外経済事情)/日本近現代史/北海道近現代史
ゼミ科目ゼミナールⅢ
ゼミナールⅣ

 たっぷり時間を割いて「卒業研究」を完成させます。しっかり準備すると早めの民間企業内定や公務員試験合格、大学院試験や留学試験の合格、また難しい資格試験の合格などの成果が得られます。
経済学
専攻科目
計量経済学(理論)/計量経済学(応用)/地域創生論A/地域創生論B
応用経済学A(国際協力論)/応用経済学B(地域経済学)/応用経済学C(観光経済学)/応用経済学D(国際経済学)/応用経済学E(地方財政論)/応用経済学F(経済学史)/応用経済学G(世界経済論)/応用経済学H(海外経済事情)/日本近現代史/北海道近現代史
ゼミ科目ゼミナールⅤ
ゼミナールⅥ

※画像をクリックすると開きます。
※開設科目については変更する場合があります。

主な科目

●ミクロ経済学(基礎理論)
公務員試験や経済学専攻の他の科目のベースになる重要な科目です。消費者行動など幅広く使われる経済理論の修得を目指しつつ、(応用)科目への橋渡しをします。
●マクロ経済学(基礎理論)
経済学専攻の他の科目のベースになる重要な科目です。GDP、財政赤字、失業、経済成長といった国全体に関係する経済指標がどのようなメカニズムで決定され、なぜ変化していくのかを学びます。
●日本経済論
日本経済論を学ぶことは、経済学の応用問題を考えることです。1年生で学んだ基礎的な経済学の理論が、実際の経済にどのように応用されるのかに気付くことができます。
●ファイナンス
金融関係の仕事を目指す学生はもちろん、他の分野に進む人にとっても、変化する金融市場を理解する上で不可欠な基礎知識や考え方(理論)を学びます。
●計量経済学(基礎理論)
経済問題に関した調査によってデータを収集し、その中に潜む規則性を見つけ、問題の解明に役立てます。
●応用経済学B(地域経済学)
日本全国(マクロ)からみた経済と、各地域(ミクロ)からみた経済は同じではありません。ヒト・モノの移動が容易である地域間ならではの特徴を理解します。

時間割例

1年次(春)の主な時間割

2年次(秋)の主な時間割

専門担当教員

飯田 隆雄
マイクロファイナンス / 金融論
内山 隆司
経済理論の歴史 / 古典派経済学
駒木 泰
時系列分析の応用
千葉 隆生
製品差別化と産業内貿易
平井 貴幸
開発経済学/観光経済学
武者 加苗
地域経済学/地方財政論/北海道学生研究会(SCAN)
山田 玲良
市場及び政府の失敗を補うメカニズムの探求

サツダイの多彩な入試制度

教育目標(カリキュラム・ポリシー:CP)

「地域」の基礎となる経済について、「現代」、「国際」、「公共」、「地域」、「歴史」の視点から考え、「地域」の調和ある持続的発展を「協力」と「協働」によって支える行動力のある経済人の育成を目標とします。

到達目標(ディプロマ・ポリシー:DP)
<知識・理解>
経済を「現代」、「国際」、「公共」、「地域」、「歴史」の視点から多角的に理解します。
<関心・意欲>
「地域」の基礎となる経済への関心を深め、その持続的発展に貢献する意欲を高めます。
<技能・表現>
経済学の方法論の基礎を理論、実証の両面にわたり習得し、経済の諸相を科学的に考察、論証する能力を身につけます。
<態度・志向性>
知的好奇心を研ぎ澄まし、現場において問題を突き止め、グループでの協働による解決に進んで取り組む行動力、交流力、実践力を身につけます。

入学願書請求はこちら

入学願書請求はこちら