教員一覧・業績一覧

教員紹介

教員名
山内 和幸

■所属
札幌大学

■職名
准教授

■学位
博士(理学) 北海道大学(論文)

■専門分野
偏微分方程式論

■所属学会
日本数学会、函数方程式分科会(自1994年 至1997年)

実績紹介

【~2020年4月】

■研究活動

▼学術論文・論説記事等
・T. Ozawa, K. Yamauchi "Analytic smoothing effect for global solutions to nonlinear Schrödinger equations" (Journal of Mathematical Analysis and Applications, vol364, pp.492-497,2010.4) 、論文(専門誌掲載、共同研究による共著、査読あり)
・T. Ozawa, K. Yamauchi "Remarks on analytic smoothing effect for the Schrödinger equation" (Mathematische Zeitschrift, vol. 261, issue 3, pp. 511-524, 2009.3) 、論文(専門誌掲載、共同研究による共著、査読あり)
・山内和幸 「事故発生の時間間隔と観測に関する注意」札幌大学経営学部附属産業経営研究所『産研論集』№37、pp. 59-60、2009年3月、論文(紀要掲載、単著、査読なし)
・T. Ozawa, K. Yamauchi, Y. Yamazaki "Analytic smoothing effect for solutions to Schrödinger equations with nonlinearity of integral type"(Osaka Journal of Mathematics, vol. 42, no. 4, pp. 737-750, 2005.12) 、論文(専門誌掲載、共同研究による共著、査読あり)
・山内和幸「私の研究―これまでとこれから 微分方程式論からの視点」札幌大学経済経営学会『札幌大学経済経営学会会報』No.26、pp.18-24、2005年12月、論説記事(学会季報掲載、単著、査読なし)
・K. Yamauchi “On an underlying structure for the consistency of viscosity solutions.” (Communications in Applied Analysis vol.9 no.1 pp.117-130, 2005.1)、論文(専門誌掲載、単著、査読あり)
・Tohru Ozawa and Kazuyuki Yamauchi “Structure of Dirac matrices and invariants for nonlinear Dirac Equations” ( Differential and Integral Equations vol.17 no.10 pp.971-982, 2004) 、論文(専門誌掲載、共同研究による共著、査読あり)
・Yoshikazu Giga and Kazuyuki Yama-uchi "On instability of evolving hypersurfaces" (Differential Integral Equations, vol. 7, no.3-4, pp. 863-872, 1994) 、論文(専門誌掲載、共同研究による共著、査読あり)
・Yoshikazu Giga, Kazuyuki Yama-uchi ”On a lower bound for the extinction time of surfaces moved by mean curvature” (Calculus of Variations and Partial Differential Equations, vol. 1, issue 4, pp. 417-428, 1993.10)、論文(専門誌掲載、共同研究による共著、査読あり)

教員一覧に戻る