ニュース

第12回ウレㇱパ・フェスタおよび札幌大学アイヌ文化教育研究センター第1回シンポジウムが開催されました

2022年3月 7日 学生の活動

2月27日(日)、本学のプレアホールにて、第12回ウレㇱパ・フェスタおよび札幌大学アイヌ文化教育研究センターの2021年度シンポジウムが開催されました。

「ウレパ」とは、アイヌ語で「育て合い」を意味します。本イベントは、本学学生がアイヌ文化を共に学ぶ「ウレパクラブ」の1年間の活動を報告し、アイヌ文化を発信するイベントとして、ウレパクラブが発足した2010年から毎年実施されてきました。今回は、昨年度創設された札幌大学アイヌ文化教育研究センターの第1回シンポジウムとの合同企画として「イオマンテ(クマの霊送り儀礼)」をテーマに開催されました。

第1部は、アイヌ語およびアイヌ文化研究の第一人者である中川裕先生(千葉大学名誉教授)による基調講演と、アイヌ文化の専門家を交えたパネルトーク。一般社団法人白老アイヌ協会理事長である山丸和幸氏には、かつての一般社団法人アイヌ民族博物館によるイオマンテについて、阿寒アイヌ工芸協同組合専務理事の秋辺日出男氏には、イオマンテをテーマとして大きな話題を呼んだ映画「アイヌモシ」について、それぞれの知見から語っていただきました。

その後行われたウレパクラブの発表では、活動報告動画とアイヌ舞踊の披露が行われました。

第2部は映画「アイヌモシ」が上映され、アイヌ文化についてさまざまな角度から深く学ぶことのできた一日となりました。

今回のイベントでは、検温や消毒、換気、座席指定など、新型コロナウイルス感染防止を徹底し、登壇した関係者につきましては、事前および事後のコロナウイルスの抗原検査で陰性を確認しております。プレアホールでの座席数は収容人数の50%以下と入場制限を行いましたが、同時にオンラインでの配信も実施しました。対面およびオンラインでご参加いただきました皆様には、感染症対策へのご理解とご協力についてお礼申し上げます。

◆一般社団法人札幌大学ウレパクラブについて
北海道の先住民族であるアイヌの歴史・文化を理解し、アイヌ文化を学ぶことによって、自らを鍛え、多様性に富む多文化共生コミュニティのモデル構築を創造しうる人材を育成します。
http://urespa-club.com/

◆アイヌ文化教育研究センターについて
本学は、アイヌ民族に関する教育研究成果をもとに、アイヌ文化の担い手育成などを通じて次世代に貢献するとともに、国内外におけるアイヌ民族に関する理解の促進に資することを目的としたアイヌ文化教育センターを2020年12月1日に設立しました。

問い合わせ先

〒062-8520
札幌市豊平区西岡3条7丁目3-1 札幌大学内7513教室
一般社団法人 札幌大学ウレパクラブ
TEL:011-852-9335 E-mail:urespa@sapporo-u.ac.jp

この記事をシェアする

  • LINE

この記事の関連記事

Information

  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • YouTube
  • Facebook