過去のニュース

札幌大学トップ > ニュース一覧 > 過去のニュース一覧 > 法学部 > 2009年 > 「高橋はるみ知事、学生と語る in 札幌大学」を開催

法学部からのお知らせ

2009.12.05

「高橋はるみ知事、学生と語る in 札幌大学」を開催

札幌大学法学部は、12月16日(水)午前10時40分から高橋はるみ北海道知事による講演会「高橋はるみ知事、学生と語る in 札幌大学」を開催します。

札幌大学法学部は、地域社会のリーダーを講師に招いてオムニバス形式で運営する2年次開設科目「自治行政特講」の中で、道内市町村の首長を講師に招き、それぞれのまちづくりの現状と課題について講演いただく「北海道市町村長リレー講座」を年6回開催し、平成18年度からこれまでに24人の首長に講演をいただきました。

今回はこの講座の取り組みの特別版として北海道の行政を司る高橋知事を招き、知事と札幌大学の学生が北海道の現状や未来について直接対話ができる機会として実施します。テーマは「北海道の可能性と地域主権」で、はじめに知事に講演いただき、講演後、知事と学生との間で意見交換を行います。

なお今回の講演会は、札幌大学の学生のみを対象として開催します。一般の方の聴講受付は行いません。

日時 平成21年12月16日(水)10:40~12:10
場所 札幌大学2号館2410教室(札幌市豊平区西岡3条7丁目3-1)
対象 札幌大学学生(全学部生、大学院生、女子短期大学部生)
内容 テーマ「北海道の可能性と地域主権」
(1)知事による講演(約50分)
(2)知事と学生との意見交換(約30分)