過去のニュース

札幌大学トップ > ニュース一覧 > 過去のニュース一覧 > 法学部 > 2009年 > 法学部創立20周年記念シンポジウム「実務担当者が語る裁判員裁判」を開催

法学部からのお知らせ

2009.10.24

法学部創立20周年記念シンポジウム「実務担当者が語る裁判員裁判」を開催

札幌大学法学部は、11月7日(土)午後1時から札幌大学法学部創立20周年記念シンポジウム「実務担当者が語る裁判員裁判」を札幌大学で開催します。

今年からスタートした裁判員裁判の実態を踏まえ、そこで確認された裁判員制度の意義と課題をもう一度検証し、これから裁判員として刑事裁判に参加する市民の方々に、裁判員裁判の現状を認識してもらうことを目的として行います。

実際に裁判員裁判に携わる法曹実務家(裁判官・検察官・弁護士)と研究者によるシンポジウムを通し、動き出した裁判員制度の発展の行方について考えます。同時に市民が裁判員となるに当たっての心構えを探り、裁判員になることへの不安を解消していきます。

日時 平成21年11月7日(土)13:00~
会場 札幌大学プレアホール(札幌市豊平区西岡3条7丁目 札幌大学2号館3階)
テーマ 『なるかもしれない裁判員、不安や疑問はありませんか?』
-実務担当者が語る裁判員裁判-

【シンポジスト】

裁判官 中川 綾子氏
検察官 橋本 ひろみ氏
弁護士 坂口 唯彦氏(札幌弁護士会裁判員実施本部事務局長・日本弁護士連合会裁判員本部幹事)
研究者 森山 弘二(札幌大学法学部准教授)
司 会 前原 宏一(札幌大学法学部長・教授)

【プログラム】

(1)裁判官、検察官、弁護士から見た裁判員制度の意義と実施状況

(2)研究者から見た裁判員制度の意義と課題

(3)裁判官・検察官・弁護士・研究者によるシンポジウム

(4)聴衆からの質疑応答

(5)アンケート調査(裁判員制度の認識・疑問・意識の変化について)

対象 一般市民、学生、高校生、社会科担当高校教諭(定員500人)
参加料 無料(事前申込不要、当日直接会場へ)
問合せ先 札幌大学学生支援オフィス 法学部担当 TEL.011-852-9128
主催 札幌大学法学部
後援 札幌地方裁判所、札幌地方検察庁、札幌弁護士会