過去のニュース

札幌大学トップ > ニュース一覧 > 過去のニュース一覧 > 法学部 > 2009年 > 当別町の泉亭俊彦町長が同町のまちづくりについて講義

法学部からのお知らせ

2009.07.07

当別町の泉亭俊彦町長が同町のまちづくりについて講義

泉亭俊彦当別町長 法学部では、地域社会のリーダーを講師に招いてオムニバス形式で運営する2年次開設科目「自治行政特講」において、道内市町村の首長による「北海道市町村長リレー講座」を開催しています。
今年度第2回目の講座は、6月30日(火)10時40分から「美しいまちづくり ~はッとする街(まち)、ほッとする農村(まち)~」と題して、当別町の泉亭俊彦町長にお話をいただきました。当日は、一般の方12人を含めて約40人の受講がありました。
泉亭町長はご講演の中で、町の基幹産業である農業を核として、地域を豊かに美しくすることを目的に、美しい街をみんなでつくる条例を制定し、地域の活力を引き出す施策を推進していること、また、高齢化と後継者難に直面している農家を数戸ずつグループ化して共同経営体を組織し、経営基盤の安定化と次代のリーダー育成を目指す取り組みを進めていることなどについて述べられました。