過去のニュース

札幌大学トップ > ニュース一覧 > 過去のニュース一覧 > 外国語学部 > 2010年 > 札幌大学外国語学部ロシア語学科 第9回札幌大学ロシア語弁論コンクール参加者受付中

外国語学部からのお知らせ

2010.04.21

札幌大学外国語学部ロシア語学科 第9回札幌大学ロシア語弁論コンクール参加者受付中

札幌大学外国語学部ロシア語学科では、学校や大学、生涯学習等でロシア語を学んでいる方を対象として「第9回札幌大学ロシア語弁論コンクール」を7月3日(土)午後1時から、札幌大学で開催します。
ロシア語能力の向上とロシアの社会や文化への理解を深めることを目的としたコンクールで、今年で9回目を迎えます。コンクールはA、B、Cの3部門があり、A部門の上位1人には副賞としてロシア研修費補助(15万円分)が授与されます。
応募締め切りは6月15日(木)必着で現在受付中です。本コンクールの参加者は、本学ロシア語学科学生はもとより、社会人、他大学学生、高校生など全国各地から参加しています。
応募・審査方法等に関しての詳細については、コチラをご覧ください。

【第9回札幌大学ロシア語弁論コンクール】

日 時 平成22年7月3日(土) 午後1時~
会 場 札幌大学 (札幌市豊平区西岡3条7丁目3-1)
部 門 A部門:ロシア語でスピーチ(テーマ自由、5分以内、暗唱)+ロシア語による質疑応答+課題テキスト朗読
B部門:ロシア語でスピーチ(テーマ自由、4分以内、暗唱)
C部門:事前に大会実行委員会から与えられた大会用『ロシア詩』テキストの中から任意の詩一つを暗唱(概ね10行前後)。
褒 賞 部門ごとに1位、2位、3位、またロシア文学会賞、ロシア総領事館賞、北海道新聞社賞、サハリン州代表部賞、審査員特別賞が選ばれ、それぞれ賞状と記念品が授与されます。A部門の上位1名には副賞としてロシア研修費補助(上限15万円)が授与されます。 ただし、過去に本コンクールや他の同種の弁論コンクール(全国大会)に入賞し、その副賞でロシアに渡航したことのある人は、本コンクールの副賞受賞資格がありません。その際、副賞は下位入賞者に繰り下げます。
審査員 審査委員会は、札幌大学ロシア語学科の教員のほか、在札幌ロシア総領事館や在北海道札幌サハリン州代表部のロシア語ネイティヴスピーカーその他から構成されます。
応 募 平成22年6月15日(木) 必着まで。
参加費 無料
問合せ
申込み先
札幌大学学生支援オフィス外国語学部 (電話:011-852-1181 大代表)
主 催
後 援
札幌大学外国語学部ロシア語学科
在札幌ロシア連邦総領事館、在北海道札幌サハリン州代表部、北海道新聞社、日本ロシア文学会

第9回札幌大学ロシア語弁論コンクール募集要項

ロシア語によるスピーチコンクールの全国大会は、朝日新聞社主催「朝日スピーチコンテストロシア語弁論コンクール」がありました。しかし、このコンクールが2000年度で終了したため、これに代わる全国規模のコンクールとして2002年度から、札幌大学の主催で全国規模のロシア語弁論コンクールを開催しています。本学学生のみならず、ロシア語を学んでいる高校生や社会人の方へ、日頃のロシア語学習の成果を披露する場を提供しています。