過去のニュース

札幌大学トップ > ニュース一覧 > 過去のニュース一覧 > 外国語学部 > 2010年 > ロシア・ウラジオストクの学生と新年のカード交換を実施

外国語学部からのお知らせ

2010.01.12

ロシア・ウラジオストクの学生と新年のカード交換を実施

外国語学部ロシア語学科は、ロシアとの交流の一環として、ロシア極東地方のウラジオストクで日本語を学んでいる学生と新年のカード交換を行います。

ロシアの学生と交流し、異文化理解や相互理解の促進を図ること、授業で学んでいるロシア語コミュニケーションの実践の場とすること、日本から最も近いロシア極東地方とウラジオストクに関する理解を深めることを目的として行うもので、今回で3回目を迎えます。
両国の学生は、ロシア語と日本語で、新年のあいさつやお互いの国のこと、自分自身のことなどを基にカードを作成します。昨年12月末、まずウラジオストクから札幌大学にカードが届けられました。これを受けて日本からのカードを作成し、2月上旬にウラジオストクへ送ります。現在、ロシア語学科の学生32人と、北海学園大学の学生6人、高大連携校である北海道札幌丘珠高等学校の生徒6人も加わり、合計44人がカードを作成しています。ウラジオストクからは、極東国立総合大学東洋学大学日本語専攻の学生47人がカードを作成しました。

ウラジオストクからのカードは、ロシア文化の紹介として現在大学会館内に展示しており、1月25日(月)まで一般に公開しています。

カード展示

場所札幌大学大学会館リンデンホール2階ギャラリースペース(札幌市豊平区西岡3条7丁目3-1)
期間平成22年1月7日(木)~1月25日(月)
内容極東国立総合大学東洋学大学日本語専攻の学生からのメッセージ
  • 新年のカード交換
  • 新年のカード交換