過去のニュース

札幌大学トップ > ニュース一覧 > 過去のニュース一覧 > 経営学部 > 2010年 > アップルストア札幌で学生が自らのプレゼンテーションにより映像作品を発表

経営学部からのお知らせ

2010.01.16

アップルストア札幌で学生が自らのプレゼンテーションにより映像作品を発表

文化学部と経営学部の学生が授業の中で制作した映像作品の発表会を、1月24日(日)正午から札幌市中央区のアップルストア札幌で行います。

授業の取り組みを市民の方にも気軽に知ってもらおうと市内中心部での発表を行うもので、今回で5回目を迎えます。映像や音楽の制作・編集などを学ぶ文化学部と経営学部の6授業で制作した作品22点を紹介します。

小型カメラを搭載した動物型ロボットが、散歩をしながら写真を撮影し、自分で編集していく様子を描いた作品や、目の不自由な人のための杖を題材に、杖に内蔵されたセンサーが障害物を発見すると、連動したイヤホンから音声で障害物を知らせる様子を表現した作品など、学生ならではのユニークな視点から作られた映像作品について、学生が自らプレゼンテーションを行い発表します。

全作品発表後、学生と指導教員による審査を行い、優秀賞を決定します。市民の方も自由にご見学いただけます。

日 時平成22年1月24日(日)12:00~14:00
場 所アップルストア札幌(札幌市中央区南1条西3丁目 QB札幌1階)
作 品
  • 文化学部「基礎ゼミナールII」 4作品(各7分)
  • 文化学部「映像文化論」 4作品(各3分)
  • 文化学部「コンピュータミュージック演習」 4作品(各30秒)
  • 経営学部「マルチメディア実習」 2作品(各3分)
  • 文化学部「マルチメディア演習」 7作品(各3分)
  • 文化学部「情報処理演習」 1作品(6分)