ニュース

オンラインによる外国人留学生と日本人学生との交流会を開催しました

2020年4月 9日 国際交流

オンライン交流会

札幌大学では、例年、多くの留学生を受け入れていますが、今般の新型コロナウイルスの影響で、多くの留学生が延期を余儀なくされました。日本へ入国できた数名の留学生についても、授業開始も延期されていることから、見知らぬ土地で寂しい思いをしています。

4月8日(水)、入国制限前に日本に入国できた外国人留学生と、海外から入国できずに入学延期となった外国人留学生、そして留学生との交流を楽しみにしていた日本人学生との交流の機会をつくろうと、「オンライン留学生交流会」を開催しました。

オンライン交流会には、日本に入国済みの中国の留学生2人、韓国4人、台湾1人、ベトナム1人、日本に入国できなかった中国の留学生2人、韓国に留学中の日本人学生1人、日本人学生3人の計14人が参加。おのおのの自己紹介とそれぞれが置かれている周りの環境などについて話し合うことで、日頃のストレスを発散し、互いの交流を深めました。
参加した留学生からは、「日頃、他の人と話ができずにいたのでよかった」(入国済みの外国人留学生)、「留学生がどんなことで困っているかが分かったので今後助けになりたい」(日本人学生)、「日本の学生と話すことができてよかった」(中国にいる外国人留学生)といった声が聞かれました。

交流に参加した日本人学生のなかには、海外留学の予定が未定のままになっている学生もいます。参加した外国人留学生、日本人学生それぞれが、現状に様々な悩みややり場のない不満や不安を抱えていますが、このような機会を設けることで「自分だけではない」と感じられたようです。それぞれ不安を抱えつつも、希望を持って日々の生活をしていこうと思う機会になってくれたらと思います。

札幌大学では、今後もできる限り学生の国際交流機会を作るとともに、外国人留学生についてもサポートしていきたいと考えています。

問い合わせ先

企画部 国際交流課 SUICC(スイック)
E-mail:suicc@ofc.sapporo-u.ac.jp

この記事をシェアする

  • LINE

この記事の関連記事

Information