ニュース

卓球部の男女17名が北海道卓球選手権大会(一般・ジュニアの部) 兼 全日本卓球選手権大会予選の出場権を獲得しました。

2021年8月30日 スポーツ・文化

8月29日(日)札幌市美香保体育館で開催された、「令和3年度札幌卓球選手権大会(シングルスの部)兼 北海道卓球選手権大会予選会」に本学卓球部から男女26名が参加しました。
主な結果、代表権獲得選手は以下のとおりです。

【男子シングルス】
ベスト8:前田 鼓太朗
ベスト16:丸谷 舜也、姉崎 友樹、秦 大翔、斎藤 怜吏、伊藤 楓真、平岡 稜真

【女子シングルス】
3位:須藤 未羽
ベスト8:荻野 晶
ベスト16:奥山 瑚々、相澤 和花、市嶋 ほのみ、中村 璃子、藤崎 茉耶

本大会は、先週末から続く10月8日(金)~10日(日)函館市開催予定の「令和3年度北海道卓球選手権大会(一般・ジュニアの部) 兼 全日本卓球選手権大会予選」の札幌支部予選となっています。

結果、ダブルスの部とは打って変わり、好試合は多数ありましたが、男女ともに高校生、社会人の壁に上位進出を阻まれた形となりました。
そのなかでも須藤 未羽(リベラルアーツ4年)が高校生を破って3位入賞と、女子ダブルス優勝、混合ダブルス3位に続き、今大会でも好成績を残しました。

シングルスの部をもって全種目の予選が終了し、コロナ禍で出場枠が半減の厳しい状況でしたが、男子9名、女子8名が北海道卓球選手権大会の出場権を獲得し、過去最高の成績となりました。
緊急事態宣言が再発令され、厳しい状況が続きますが、1人1人が危機意識をしっかり持ち、特に今回のシングルスの部で各自が見つけた多くの課題を克服し、全国大会に繋げられるように頑張っていきます。

引き続き、本学卓球部への応援、ご声援をよろしくお願いします。

問い合わせ先

課外活動指導者:藤倉 健太(学務部教務課)
TEL:011-852-9121

この記事をシェアする

  • LINE

この記事の関連記事

Information