ニュース

卓球部が2021年度推薦選手選考参考大会に出場、好成績を収めました

2021年7月26日 スポーツ・文化

7月17日(土)札幌市北区体育館、24日(土)札幌市美香保体育館で開催された、「2021年度 推薦選手選考参考大会」に本学卓球部から男女29名が参加しました。
主な結果は以下のとおりです。

【団体戦】
男子
優勝:札幌大学A(斎藤 怜吏、真野 悠、伊藤 楓真、平岡 稜真)
4位:札幌大学B(姉崎 友樹、前田 鼓太朗、松井 琉聖、丸谷 舜也、山本 佑真)

女子
優勝:札幌大学B(又村 亜美、於本 虹音、須藤 未羽、相澤 和花)
3位:札幌大学A(奥山 瑚々、鈴木 亜依、市嶋 ほのみ、中村 璃子、藤崎 茉耶)

【ダブルス】
男子
優勝:斎藤 怜吏・平岡 稜真
3位:前田 鼓太朗・伊藤 楓真

女子
準優勝:奥山 瑚々・中村 璃子
3位:荻野 晶・須藤 未羽、鈴木 亜依・相澤 和花

【シングルス】
男子
準優勝:斎藤 怜吏
ベスト8:秦 大翔、伊藤 楓真

女子
優勝:須藤 未羽

【シングルス】女子 優勝:須藤さん

本大会は令和3年度北海道卓球選手権大会の推薦枠、また今後新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、個人戦の全国大会予選が開催できなかった場合の各種目の北海道学生卓球連盟推薦枠を決定するために新設された大会となりましたが、6種目のうち4種目優勝、残り2種目は惜しくも準優勝という結果でした。

連日30℃を超える過酷な環境下でしたが、先日出場した第90回全日本大学総合卓球選手権大会(団体の部)の勢いそのままに、団体戦は男女アベック優勝、男子ダブルスは2大会連続で斎藤 怜吏・平岡 稜真が優勝、女子シングルスは2大会連続で本学の選手が優勝を果たしました。

8月は国民体育大会卓球競技北海道予選、全日本大学総合卓球選手権大会(個人の部)北海道予選、全日本選手権大会予選と全国大会に繋がる重要な大会が毎週続きます。
引き続き猛威をふるっている新型コロナウイルス感染症への対策を今まで以上に徹底、健康管理に努めながら、1人でも多く全国大会への代表権獲得を目指して頑張っていきます。

引き続き、本学卓球部への応援、ご声援をよろしくお願いします。

問い合わせ先

藤倉 健太(学務部教務課)  TEL:011-852-9121

この記事をシェアする

  • LINE

この記事の関連記事

Information