HOME > キャンパスライフ > クラブ・サークル・課外活動 > 体育連合会 > サッカー部

札幌大学 サッカー部

札幌大学サッカー部

札幌大学 サッカー部
「北海道のサッカー王国を札幌大学に作ろう」を合言葉に、1967年札幌大学開学と共に創部し、2017年に50周年を迎えました。この間、全国大学選手権(インカレ)出場回数41は現在も全国トップ。道内では圧倒的な勝率を誇り、全国大会での戦績では1976年のベスト4を最高にベスト8が9回。総理大臣杯全国大会では1980年にベスト4天皇杯の本大会では1978年に(日本リーグ・現Jリーグ、2チームを撃破)ベスト8の成績をあげました。
1986年、全国大学選手権(インカレ)では、「札大旋風」を巻起こしました。その後の約30年間、全国大会出場を経験しながら、黄金期の戦績を越えるべく前進を続けてきました。
自主性をもち誇り高いチームづくりを目指しています。
  • チーム名称:札幌大学サッカー部
  • 創部:1967年
  • クラブ理念:サッカーを通して自立した個となり、勝利を唯一の目的とせず、仲間と協力し、社会で必要とされる人間となる。
  • ポリシー:勝利を唯一の目標とせず、全国制覇に向かって「挑戦、協力、創意工夫、成長」し社会生活を生き抜く力も身に付けていく。
  • 部員数:107名
    (4年・31名/3年・21名/2年・21名/1年・33名/マネージャー・1名)
  • 目的:北海道を代表するクラブであり続けること。
    社会貢献できる自立した人間を育てること。
  • チームスタッフ:
    ● 顧問:山田 玲良
    ● 部長:秋山 一二三
    ● GM・監督:河端 和哉
    ● 副部長・TD:氏家 新司、髙木 真一
    ● SA:浅野 裕史
    ● LO:加藤 孝俊
  • HP:http://sapporounivfc.jp/
  • Twitter:https://twitter.com/suniv_67
  • Facebook:https://www.facebook.com/sapporo.univ.1967.soccer.jp
過去の戦績
過去の戦績一覧
メンバー出身高校(道内)
札幌第一高校/札幌大谷高校/札幌創成高校/北海高校/札幌新陽高校/東海大学付属第四高校/札幌光星高校/北星大学府属高校/札幌北斗高校/札幌静修高校(コンサドーレ札幌U-18)/札幌山の手高校/恵庭北高校/恵庭南高校/とわの森三愛高校/札幌平岸高校/北海道大谷室蘭高校/駒澤大学付属苫小牧高校/帯広北高校/帯広大谷高校/帯広工業/旭川実業高校/旭川凌雲高校/旭川商業高校/尚志学園高校/静内高校/函館大有斗高校 /釧路北陽高校  順不同
メンバー出身高校(道外)
青森山田高校/東京大森高校(三菱養和SCユース)/山梨学院高校/八戸工業大学第一高校/秋田商業高校/秋田大曲工業高校(ブラウブリッツ秋田ユース)/秋田大曲工業高校(ブラウブリッツ秋田ユース)/秋田横手城南高校(ブラウブリッツ秋田ユース)/新名学園旭丘高校(湘南ベルマーレユース)/向上高校(湘南ベルマーレユース)/兵庫須磨友が丘高校/東奥義塾高校(青森)/日本文理高校(新潟)/星稜高校(石川)/龍谷富山高校(カターレ富山U-18)/勇志国際高校(西南FCU-18)/中央学院高校 順不同
卒業後の進路
富士通株式会社/海上保安官/北海道高校教諭/私立高校教諭/学校法人札幌大学/北海道銀行/北洋銀行/日高信用金庫/伊藤組/秋津道路株式会社/北海道物流株式会社/HOYA株式会社/さっぽろAMスポーツクラブ/株式会社コンサドーレ/エヌ・ティ・ティ・スポーツコミュニティ株式会社/鮨茶寮 四季彩 (釧路)/株式会社アマタケ/ 草野作工株式会社/株式会社キック/川崎フロンターレ/セレッソ大阪/横浜FC//ツエーゲン金沢/株式会社いわてアスリートクラブ/ガイナーレ鳥取/札幌市消防吏員/函館消防吏員/京極町役場/猿払村役場/日本郵政/北海道警察/青森県警察/神奈川県警察/旭川信用金庫/空知信用金庫/JR北海道/ノーリツ/光生舎/ビックカメラ/アースサポート/JA上士幌/マックスバリュ/札幌トヨタ/シュレン国分/日本通運/大学院進学など 順不同

学生として、アスリートとして

札幌大学の学生として誇りを持った行動。チームは個人のものではない。「挨拶、態度、振舞い」自分はどうあるべきかを常に意識し自ら行動する。

ボール狩りの札大サッカーで全国制覇

昔から「雪国は約3ヶ月間はグランドを使用することができないためリスク」と考えられてきた。その環境を我らの強みと捉え、体育館練習では狭い局面でもボールを繋ぎ常に数的優位を瞬時に作り「囲む。追い込む。奪い速攻」=ボール狩りへと繋がる。このように、どのような状況にも対応できる「柔軟性と精神力」を養い、戦う姿勢が創部時からの伝統となり、我ら札大サッカーへ繋がっている。

黄金の羊(チームエンブレム、ブラジルサッカーとの絆)

大学選手権(インカレ)で、連覇中の早稲田大学に勝利した時の立役者、※1)ブラジル留学生セルジオ門岡氏(1974)。留学を終え帰国したのち、最初のお便りの中に思い出のひとつとして※2)エンブレムの原案が送られてきました。サッカー部の魂を背負い、チームを見守ってきた誇り高きエンブレムです。「札幌大学サッカー部ーブラジル・サッカーとの絆」であり、未来永劫変えることなく継承していかなくてはならない。

※1)日本の大学史上、ブラジルからサッカー留学生を初めて受入れた大学が札幌大学。
※2)1970年代、当時の大学サッカーでエンブレムのあるチームは札大が初めて。