ニュース

内海教授がレバンガ北海道のヘッドコーチに就任しました

2018年12月 6日 教員の活動

本学の内海知秀教授が、12月5日付で男子プロバスケットボールBリーグ「レバンガ北海道」のヘッドコーチに就任しました。

男子プロバスケットボールBリーグ「レバンガ北海道」と札幌大学は、2017年9月に地域スポーツの振興に関わる諸課題や魅力ある地域づくり、地域に貢献する人材の育成などを目的とした連携協定を締結しました。
内海教授は、この連携協定における人材交流の一環として、2017年9月からレバンガ北海道のアドバイザリーコーチとしてチームをサポートしてきた経緯にあります。

本学は、内海教授率いるレバンガ北海道の活躍が、地域スポーツの発展・地域づくりに一層寄与することを願い、引き続き応援していきたいと思います。

この記事をシェアする

  • LINE

この記事の関連記事

Information