ニュース

川上淳教授が根室市民大学講座にて講師を務めます

2018年10月22日 教員の活動

本学の川上淳教授が、10月26日(金)に開催される「根室市民大学講座 『松浦武四郎と根室紀行~松浦武四郎の足跡を探る~』」にて講師を務めます。
これは根室市民大学運営委員会と根室市公民館が主催するもので、同委員会では昭和52年より、幅広いテーマを設定し多くの市民が根室市を考える機会として本講座を開設しています。10月12日(金)より全3回講座として実施されており、今年は、北海道命名150年の節目を迎えることから、北海道の名付け親といわれる松浦武四郎の生涯と、彼が残した「納沙布日誌」にスポットをあてています。
川上教授は第3回講座にて、「『納沙布日誌から』~見たもの聞いたもの~」をテーマに講演します。

日時:平成30年10月26日(金) 19:00~20:30
場所:根室市総合文化会館 多目的ホール
テーマ:「『納沙布日誌から』~見たもの聞いたもの~」

この記事をシェアする

  • LINE

この記事の関連記事

Information