ニュース

本学の教職員名を騙る不審メールにご注意ください【第1報】

2022年3月 2日 SU News

2月25日(金)頃から、本学教職員の名を騙り、ウイルスが含まれた添付ファイルをメールで送信される事案が発生しております。

メール差出人には日本語で本学教職員の氏名が用いられておりますが、送信メールアドレスは本学のものではありません。また、メールにはZIPファイルが添付され、メール本文にはZIPファイルを解凍するパスワードが記載されています。
署名欄には「044」(神奈川県や東京都の一部の市外局番)から始まる電話番号が記載され、メール下部には、文字化けを示す「???????」といった文字が並んでいるのが共通する特徴です。

現在、原因の特定を急いでおりますが、当面の間、このようなメールが送信され続けることが想定されます。
本学の教職員からのメールを受信された際は、次の点を必ずご確認願います。

①署名に電話番号が記載されている場合は「011-852-」から始まる電話番号であること。
(011は本学が立地する札幌市と江別市や北広島市などの札幌近郊の市外局番)

②送信者のメールアドレスは「@」以降、「sapporo-u.ac.jp」(本学教員)、「ofc.sapporo-u.ac.jp」(本学職員)、「edu.sapporo-u.ac.jp」(本学学生)のいずれかとなっていること。

万が一、上記に該当しない不審なメールを受信された場合は、ウイルスに感染する可能性があるため、決して開いたり、返信したりせず、メールを削除するようお願い致します。

また一般的な事項でありますが、職場やご自宅でご使用のパソコンはOSやウイルス対策ソフトを最新に保ち、定期的なウイルスチェックを実施するとともに、

  • 配送業者やカード会社の名を騙った心当たりのない取引に関するメール
  • 日本語に違和感のあるメール
  • 添付ファイルやメールリンクだけが送られてくるメール
  • クレジットカード番号や口座番号、ID、パスワードなどの機密情報の入力を求めるメール

このようなメールについても、開かず削除あるいは無視することが適当とされています。

【参考】
情報処理推進機構(IPA)
https://www.ipa.go.jp/security/announce/20191202.html

問い合わせ先

情報メディアセンター  TEL:011-852-9166

この記事をシェアする

  • LINE

この記事の関連記事

Information

  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • YouTube
  • Facebook