ニュース

大学での職域接種に関する本学の対応について

2021年6月11日 SU News

政府は、新型コロナウイルスのワクチン接種を加速させるため、企業や大学などで行う「職域接種」を本年6月21日から開始すると発表しました。接種に必要な医療従事者や会場などについては、「自治体による高齢者接種に影響を与えないよう、企業や大学が自ら確保」することとされています。

コロナワクチンについて、高齢者への接種と並行して、大学生への接種を前倒しで実施することは、学生の学びの環境づくりとしても、感染拡大の抑止に向けても歓迎すべきことですが、医療系の学部を持たない本学では、特に医療体制がひっ迫しているとされる札幌市内の現状から、大学独自で直ちに接種体制を整えるのは難しい状況にあり、引き続き、職域接種に向けた情報収集等に鋭意取り組んでまいります。

令和3年6月11日

札幌大学・札幌大学女子短期大学部
理事長 荒川 裕生
学長 大森 義行

本件に関する問い合わせ先

学務部学生課
TEL:011-852-9177
E-mail:gakusei@ofc.sapporo-u.ac.jp

この記事をシェアする

  • LINE

この記事の関連記事

Information