ニュース

春期休業中の過ごし方について -新型コロナウイルス感染症対策の再徹底-

2021年2月10日 SU News

新型コロナウイルス感染症については、皆さんもご存じのとおり、11都府県に発令されていた「緊急事態宣言」が栃木県を除き3月7日まで延長となり、北海道においても、2月15日までであった「集中対策期間」の再延長が検討されています。
本学においては、これまでも、感染拡大防止のために遠隔授業と対面授業を併用し、各施設についても利用制限を行うなど様々な措置を講じてきておりましたが、学生の皆さんが、本学の教育・研究環境を十分に利用できず、また、課外活動やボランティア活動等の諸活動を十分に展開できない状況が今現在も続いてしまっていることは、誠に残念でなりません。
しかしながら、ここ数日の札幌の新規感染者は減少傾向にあるとはいえ、北海道全体で見るとまだまだ予断を許さない状況が続いていることからも、感染対策の徹底が必要な期間は今後もしばらく続くことが予想されます。
窮屈な生活が約1年にもおよぶ中、学生の皆さんへは、これまでも再三にわたり感染対策の徹底をお願いしてきておりますが、2月3日の秋学期授業終了に伴い、3月末までは春期休業期間となることからも、今一度、感染対策の徹底を意識し、皆さんご自身はもちろんのこと、ご家族、友人、地域の方の大切な命と健康、暮らしを守るためにも、節度ある行動を心がけるようお願いします。

令和3年2月9日

札幌大学・札幌大学女子短期大学部
学長 大森 義行

【遵守事項】

(1)保健所及び医療機関の指示により、PCR検査(抗原検査含)を受けることになった場合は、必ず学生課(011-852-9177)まで連絡する。

(2)緊急事態宣言対象地域との不要不急の往来はしない。
   ※特に、卒業年次生において、卒業旅行等の実施は控えること。

(3)感染リスクを回避する。
  ※発熱等の風邪症状がある場合は、外出しないことはもちろん、課外活動等にも絶対に参加しないこと。
  ※会食等、感染するリスクが高い場面を減らすこと。
  ※同居していない人との飲食は、自宅を含め、人数や時間に関わらず控えること。
  ※室内や車内など、狭い空間で長時間一緒に過ごさないこと。

(4)日常生活において、3密回避、マスク着用、手洗いや咳エチケットなど、基本的な感染症対策を徹底する。

問い合わせ先

学務部学生課 福田・森 TEL:011-852-9177

この記事をシェアする

  • LINE

この記事の関連記事

Information