ニュース

【重要:課外活動】 新型コロナウイルス感染症への対応について

2020年11月18日 SU News

これまでお知らせしておりました本学の課外活動における感染については、3名の陽性が判明した11月6日(金)の時点で、クラスターの発生も想定した対応が必要と判断し、感染拡大防止及び学生や教職員の安全確保を図るため、同日午後から11月15日(日)までの間は対面による授業を休講とし、同期間は学生及び学外者の構内への立ち入りも禁止しておりました。
併せて、11月16日(月)から11月21日(土)までの間については、すべての授業を遠隔により実施しているところであります。

学生の皆さんには、これまでも再三にわたり大人数での会食を催さない、3密を回避するなど、感染リスクを減らす取り組みをお願いしてきておりましたが、今回の感染については、残念ながら大人数での飲食を伴う懇親会が要因であり、これまで要請してきたことが遵守されていないことは誠に遺憾であります。

また、現在、北海道はもとより札幌市における新規感染者数は、ここ数日、大幅に増加してきており、特に札幌市においては、11月17日(火)より道の警戒ステージ「4」相当の取組が実施される旨、発表があったところです。

このような状況から、他の活動に比べ集団行動となりやすい課外活動においては、これまで以上の感染対策の徹底及び活動制限が必要であると判断し、11月23日(月)以降の課外活動再開及び対外試合の参加可否等について、第23回危機対策本部会議(令和2年11月16日開催)において、以下のとおり取り扱うことを決定しましたのでお知らせします。

令和2(2020)年11月18日

札幌大学・札幌大学女子短期大学部
学 長 大森 義行

【課外活動の取扱い】
⑴ 11月23日より再開とするが、別紙ガイドラインに沿った活動とする。
⑵ 対外試合は、原則今年度末まで不参加とする。

【遵守事項】
⑴ 会合を止め、感染するリスクを減らすこと。
  ※感染リスクの高い会食やカラオケは催さない、誘わない、参加しない。
  ※室内や車内など、狭い空間で長時間一緒にいることを避ける。
  ※発熱等の風邪症状がある場合は、登校しないことはもちろん、課外活動等にも絶対に参加しない。

⑵ マスク着用(対面授業中は不織布マスクをすること)、手洗いや咳エチケットなど、基本的な感染症対策を徹底する。
  ※学内はもちろんのこと、学外においてもマスク着用を徹底する。
   近隣のスーパーやコンビニ、バス停において、マスクを着用していない学生が多く見受けられる。

問い合わせ先

学務部 学生課(福田・森)
TEL:011-852-9177

この記事をシェアする

  • LINE

この記事の関連記事

Information