ニュース

新型コロナウイルス感染者の発生について(11月6日発表:第2報)

2020年11月 9日 SU News

11月6日にお知らせしました本学の課外活動における感染について、現在の状況を、下記のとおりお知らせします。


・11月6日(金)、本学の課外活動において3名の陽性者が発生したことが判明しました。
・保健所の調査により、課外活動で接触のあった濃厚接触者(学生及び指導者)を自宅待機とし、順次PCR検査が実施されました。
・安全確保を徹底するため、11月6日(金)の2講目終了時(12:10)から、11月15日(日)までの間、対面による授業を休講とし、学生及び学外者の構内への立ち入りを禁止としました。
・11月16日(月)から11月21日(土)までの間については、すべての授業を遠隔で実施することとしました。
・PCR検査の結果、さらに22名の学生の陽性が判明し、本件に関連する陽性者は計25名となりました。その他の濃厚接触者については陰性となりました。
・新たに判明した陽性者22名に関する保健所による調査の結果、複数の学生が濃厚接触者と判定され、現在、自宅待機のうえ、順次PCR検査を実施しており、状況については逐次お知らせしてまいります。
・このたびの感染は、課外活動に関連した学外での飲食を伴う懇親会に参加した学生が陽性となったことによるもので、現時点で学内での感染は確認されていません。
・陽性者は、保健所の指示により隔離されており、一日も早い快復を祈念しております。


本学では、秋学期からの対面授業の再開にあたり、「新型コロナウイルス感染防止のための行動ガイドライン」を策定し、保健所とも相談の上、マスク着用義務をはじめ、国の指針に基づくソーシャルディスタンスの確保など感染防止策を行うとともに、学生に向けて、日々の感染対策の徹底を要請してきております。
本学といたしましては、引き続き保健所のご指導の下、感染防止策を徹底し、学びの確保に全力で取り組んでまいります。

なお、感染者及び濃厚接触者に関する情報については、プライバシー保護の観点から詳細についてお伝えすることはできませんが、学生等の人権への配慮と個人情報保護にご理解とご配意をお願いします。


令和2年11月9日
札幌大学・札幌大学女子短期大学部
学長 大森 義行

この記事をシェアする

  • LINE

この記事の関連記事

Information