ニュース

本学で「アイヌ工芸品リレー展示」を行っています

2019年10月25日 SU News

現在、札幌大学では、ウポポイ(民族共生象徴空間)のオープンに向けた「アイヌ工芸品リレー展示」を行っています。

「アイヌ工芸品リレー展示」は、民族共生象徴空間交流促進官民応援ネットワークが、2020年4月に白老町にオープンするアイヌ文化復興・創造の拠点となるウポポイ(民族共生象徴空間)の開設機運を高めるとともに、アイヌ文化の素晴らしさを伝えることを目的に開催しているものです。象徴空間開設まで約500日となった2018年12月から始まり、多くの企業等で展示が続けられてきました。
このたび、本学の本田優子教授が代表を務め、アイヌの学生と和人の学生がアイヌ文化をともに学ぶ一般社団法人札幌大学ウレパクラブが、官民応援ネットワークの構成員となっていることから、本学でもリレー展示が行われることとなりました。

開催期間中はどなたでもご覧になれますので、ぜひ皆様ご覧ください。

展示場所 札幌大学中央棟1階ロビー
展示期間 2019年10月24日(木)〜11月20日(水) 9時〜17時
展示品 木彫「見逃してくれよ 蛙」:貝澤 徹 作
イタ(盆):平田 篤史 作
マキリ(小刀):貝澤 守 作
タンパクオ(喫煙具):貝澤 幸司 作

問い合わせ先

〒062-8520
札幌市豊平区西岡3条7丁目3-1 札幌大学内7513教室
一般社団法人 札幌大学ウレパクラブ
TEL:011-852-9335 E-mail:urespa@sapporo-u.ac.jp

この記事をシェアする

  • LINE

この記事の関連記事

Information