ニュース

本学学生がワールドパラノルディックスキーW杯のボランティアに参加しました

2019年3月20日 学生の活動

本学スポーツ文化専攻の学生4名(菅英登さん、山本大成さん、原田絃太さん、松本兼輔さん)が、3月13日(水)~17日(日)に西岡バイアスロン競技場で開催された、「CO-OP共済2019ワールドパラノルディックスキーワールドカップ札幌大会」のボランティアに参加しました。今回は大会実行委員会からの依頼によるもので、2017年大会に続く2回目の参加となります。

世界15カ国から総勢100人を超える選手・関係者が札幌に訪れ、本学の学生ボランティアは主に表彰式の運営補助を担いました。最終日には、札幌駅前地下広場チ・カ・ホで年間総合表彰式が行われ、学生が工夫を凝らして製作した色紙を各国の代表選手に贈呈し、大変喜んでいただけている様子がうかがえました。

この大会はパラリンピック、世界選手権に次ぐ、三大パラスポーツ大会に位置し、札幌冬季オリンピック・パラリンピック招致を見据えた試金石ともなる大会です。トップパラアスリートたちによるバイアスロンとクロスカントリースキーの激戦をボランティアとして支えたことで、学生たちはパラスポーツ事情やスポーツイベント運営を学び、さらに、パラスポーツの魅力も存分に体感することができた貴重な経験となりました。

問い合わせ先

札幌大学インターコミュニケーションセンターSUICC
TEL:011-852-9138

この記事をシェアする

  • LINE

この記事の関連記事

Information