ニュース

北海道学生研究会(SCAN)の第9回合同研究発表会が開催されます

2018年11月13日 学生の活動

11月17日(土)、本学を会場に、北海道学生研究会(SCAN)による第9回合同研究発表会が開催されます。
SCANとは、2010年に釧路公立大学の学生により立ち上げられた自主運営組織で、複数の大学の学生同士が交流を深めながら、企業や地域と連携し、意見交換や政策提言をはじめ北海道の地域活性化に貢献することを目的に活動しています。

今年度は「地域コミュニティ」をテーマとし、北海学園大学、名寄市立大学、釧路公立大学、札幌大学の4大学・10チームに加えて、初の高校生参加となる、札幌新陽高等学校探求コースの生徒さんによる研究発表および活動報告が行われます。
また、各チームによる発表の後には、特別企画としてシンポジウムIとIIが開催されます。シンポジウムIでは、北海道の地域活性化に取り組まれている方々から、地域コミュニティをテーマに、その取組内容の紹介のほか、地域研究・活性化にチャレンジしている学生へのメッセージなどをお話しいただきます。続くシンポジウムIIでは、来年発足10周年を迎えるSCANのさらなる発展に向けて、今後の研究や活動の課題について討論します。

日時 平成30年11月17日(土) 12:00~
場所 札幌大学
発表 《大学》 北海学園大学、北星学園大学、釧路公立大学、札幌大学(4大学10チーム)
《高校》 札幌新陽高等学校
シンポジウムI登壇者 えこりん村株式会社 代表取締役 庄司開作 様
一般社団法人北海道ロケットストーブ協会 代表理事 金子正人 様
留萌観光連盟 事務局長/NPO法人留萌観光協会 副会長 佐藤太紀 様 (予定)
司会 札幌大学 中山健一郎 教授

問い合わせ先

寺西結唯(札幌大学地域共創学群経営学専攻3年) SCAN第9期学生代表
E-mail:scan_su@yahoo.co.jp
TEL:011-852-9015(中山健一郎研究室)

この記事をシェアする

  • LINE

この記事の関連記事

Information