ニュース

本学の学生が国際ユースフォーラムに参加しました

2018年11月 9日 学生の活動

20181109_img1.jpg

本学の学生と卒業生合わせて8名が、平成30年11月4日(日)に札幌で開催された第4回国際ユースフォーラムに参加しました。
このフォーラムは、大学生、高校生、日本人学生、留学生、世界中のフィールドで活躍する社会人など、世代や文化を超えた参加者が集い、多様性に開かれた場で積極的にコミュニケーションを図ることを目的としています。次世代を担う本学の学生や卒業生は多言語を駆使しながら、多文化社会における多様性の尊重とより良い共生のあり方について活気溢れる議論を行い、高い評価を受けました。

参加者は以下のとおりです。

【学生】
東穂 太亮(異文化コミュニケーション専攻2年)
高野 渓一(異文化コミュニケーション専攻3年)
王 軍童(地域共創学群1年)
鈴木 悠斗(英語専攻2年)
門脇 輔(英語専攻3年)
山崎 直輝(英語専攻4年)

【卒業生】
桐田 晴華(文化学部卒)
尾形 樹麻(異文化コミュニケーション専攻卒)

【指導教員】
小笠原 はるの教授(異文化コミュニケーション専攻)

本学では多様な言語、文化、価値観の交流を育み、国際地域社会に主体的に貢献できる人間の育成に取り組んでいます。今後も文化や価値観の異なる他者と協働する力を身につけ、多角的な視野に立って行動できるよう、体験知を活かした学びの試みに力を入れていきます。

なお国際ユースフォーラムについては、各メディアにて取り上げられており11月5日(月)の北海道新聞、読売新聞に掲載されました。また、当日放送されたニュースの映像が下記URLよりご覧いただけます。

札幌米国総領事館

問い合わせ先

小笠原はるの研究室
TEL:011-852-9333

この記事をシェアする

  • LINE

この記事の関連記事

Information