過去のニュース

札幌大学トップ > ニュース一覧 > 過去のニュース一覧 > 文化学部 > 2013年 > 川名ゼミが札幌市と枝幸町の遺跡の調査に参加します

文化学部からのお知らせ

2013.07.11

川名ゼミが札幌市と枝幸町の遺跡の調査に参加します

文化学部川名広文ゼミナールが、8月3日(土)~11日(日)の期間、札幌市と枝幸町の遺跡を調査するフィールドワークを実施します。

川名ゼミでは日本の先史文化を学んでおり、考古学知識の向上と遺跡調査手法の修得を目指します。

期間中、まず札幌市東区サッポロさとらんど内に保存されているH508遺跡(縄文時代)で、当時の生活跡や石器・土器等の試掘調査に参加します。続いて、オホーツク文化期最大の集落遺跡である枝幸町目梨泊遺跡を訪れ、オホーツクミュージアムえさし(枝幸町博物館)と共同で、擦文時代集落の竪穴住居跡の分布・測量調査を行います。

 

日時 8月3日(土)~4日(日)、 8月5日(月)~11日(日)
場所 札幌市H508遺跡 8月3日(土)~4日(日)
枝幸町目梨泊遺跡 8月5日(月)~11日(日)
参加者 文化学部川名ゼミ生12人、大学院文化学研究科生1人
問い合わせ 川名 広文研究室 TEL:011-852-9313