ニュース

札幌大学大学院文化学研究科の名称変更について

2020年1月22日 大学院

令和2年4月1日より、大学院研究科の名称を次のとおり変更いたします。

(現行)文化学研究科 ⇒ (変更後)地域・文化学研究科

このたびの名称変更は、札幌大学大学院と密接な関連を持つ札幌大学が一学群制をとっており、学部に相当する名称が「地域共創学群」であることから、両者の整合性を取ることを目的としています。
「地域」とは、人文科学(歴史学、文学、言語学など)、社会科学(地理学、社会学、経済学など)及び自然科学(生物学、地学、医学など)にわたる学際的視座とフィールドワークなどによる主体的視座から総合的に研究する学問の対象分野であり、札幌大学地域共創学群の主要な柱の一つである社会科学(経済学、経営学、法学)を包含するものであることから、研究科の名称を変更することとしました。
これにより、令和元年度以前に「文化学研究科」に入学した皆さんも、研究科の名称が「地域・文化学研究科」となりますが、学位「修士(文化学)」には変更はなく、これまでどおり現教員による現行教育課程を始めとする支援体制を維持してまいりますので、ご理解くださるようお願いいたします。

【令和2年度以降の研究科の構成】
研究科 :地域・文化学研究科

*英語表記 Graduate School of Regional and Cultural Studies

専 攻 :文化学専攻

*英語表記 Department of Cultural Studies

修業年限:2年
学 位 :修士(文化学)
入学定員:10人

この記事をシェアする

  • LINE

この記事の関連記事

Information