ニュース

本学卓球部が第53回会長杯争奪卓球大会で好成績を収めました

2020年9月 7日 スポーツ・文化

9月6日(日)に札幌市美香保体育館で開催された、「第53回会長杯争奪卓球大会」に本学卓球部から男女34人が参加しました。
主な結果は以下のとおりです。

【シングルス】
男子
優勝:斎藤 怜吏、3位:丸谷 舜也
ベスト8:野呂 孝介、越田 涼平

女子
優勝:須藤 未羽、3位:石井 美紗、荻野 晶
ベスト8:濱口 采花、小森 愛佳

先月からようやく活動が再開、新入生を迎えた新チームとして、今年度初めて臨んだ大会となりました。
コロナウイルス感染症の影響で全日本大学総合卓球選手権大会も中止となり、各自目標を見据えるのが難しいなかではありましたが、選手達は試合ができる喜びを感じながら、1試合1試合を全力で戦いました。
そのなか、男子シングルスで斎藤 怜吏(法学専攻1年)、女子シングルスで須藤 未羽(リベラルアーツ専攻3年)が見事優勝を果たしました。
今年度、活躍の場を失った学生達のために大学および高校関係者で協議を重ね、次戦は新規開催となる「第1回北海道学生強化大会 10月4日(日)札幌市厚別区体育館」となります。大学生だけではなく、高校生も参加するさらにレベルの高い大会となりますが、今大会以上の成績が出せるように、コロナウイルス感染症対策も徹底しながら練習に励んでいきたいと思います。
引き続き、本学卓球部への応援、ご声援をよろしくお願いします。

この記事をシェアする

  • LINE

この記事の関連記事

Information