学群・専攻

ロシア語専攻

学びのキーワード

#ロシア #芸術 #文学 #歴史 #外交
#国際関係 #貿易 #ロシア語科教員

ますます重要になる日本とロシアの関係。
ロシア語を学んで、日ロの架け橋になりたい

日本とロシアの経済関係が密接になるにつれ、多くの企業や自治体でロシア語が使え、ロシアに精通した人材が求められるようになりました。そうした人材ニーズに応えるのがロシア語専攻。1、2年次はロシア語の基礎とロシアの文化や社会についてじっくり学び、3、4年次ではより高度な科目でロシア語力を磨きます。少人数のクラス編成で日本人教員が一人ひとりの習熟度を確認しながら丁寧に解説するほか、ネイティブの教員がロシア語のコミュニケーションを徹底的にレッスンするので、上達もスピーディ。学内外でロシア文化に触れたりロシア語を使う機会も頻繁にあり、学びのモチベーションを維持する上でも最適な環境です。

ゼミナール

山田 隆ゼミナール

山田 隆ゼミナール

テーマ

ロシア文化人との対談記録を読み、
その技芸と思考について考察する

ロシア語の読解力と専門知識を活用して『ロシア文化人との対話』集を制作する

ゼミナールは少人数教育の代表科目と言えます。大教室と違い、聞き手の理解度や参加者の考え方がよくわかり、また指導教員のタイムリーなアドバイスを大いに期待できるので、目的に適った建設的なプログラムを立てることができます。私たちは教員も学生も「ロシア」というキーワードを共有し、ともに成長していく仲間なのです。ゼミは、「チームワークを重視する」「責任分担を果たす」「成果を大切にする」という方針で実施していきます。

学びのポイント

ネイティブ教員と
日本人教員による連携授業

ネイティブ教員のもとで生きたロシア語を初歩から学ぶと同時に、日本人教員が文法を丁寧に解説。会話と文法をそれぞれレッスンすることで、確実にロシア語の力が身に付きます。

少人数クラスでの
きめ細かな指導

多くの科目は数人から20人程度の少人数制の授業。課題が確実に身に付いたかどうか、一人ひとり確認しながら学修を進め、分からない部分は補習などで個別に対応します。

日ロ交流に関する
体験機会も豊富

ロシアへの留学や語学研修のプログラムがあるほか、ロシアからの訪問団との交流、通訳ボランティアなど、ロシア語を使う機会が豊富です。

STUDENT'S VOICE

 STUDENT VOICE

ロシア語は単語の形がさまざまに変わるから、
パズルみたいで面白い。

川口 凛太郎

Kawaguchi Rintaro

ロシア語専攻2年
兵庫県立伊川谷高等学校出身

僕は別の大学を卒業後、働いてお金を貯め、札幌大学へ入り直しました。ロシア語を学びたかったからです。前の大学では英語専攻でしたが、北米から欧州、アジアまでひとりで旅しながら多様な言語に触れるうち、ロシア語の文法の構造が一番面白いと思うようになりました。単語の形がさまざまに変化するので、パズル感覚で理解できるんです。いまはロシア語能力検定の勉強をしながら、古代ロシア語も独学中。文法を深く研究したいと思っています。

取得できる資格

  • 中学校教諭一種免許状 (ロシア語)
  • 高等学校教諭一種免許状(ロシア語)

目指す資格

  • ロシア語検定試験
  • 通訳案内士(通訳ガイド)

目指す進路

    〈公務員〉
  • 外務専門職、警察官、自衛官
    海上保安官、教員 など
  • 〈民間企業〉
  • 貿易会社 など

進路実績

民間企業/JR北海道、石上車輌、富士メガネ、エイジェック、北海道日野自動車、CCCフロンティア、アスクゲート など
公務員/北海道庁、稚内市役所、自衛隊
進学/東北大学大学院、北海道大学大学院、上越教育大学大学院 など

4年間の流れ

1年次
ロシア語の初歩文法と簡単なコミュニケーションを学ぶと同時に、ロシアの文化や歴史、社会に関する基本的な知識を身に付けます。

ロシア語専攻科目

ロシア事情A(地域研究)/ロシア事情B(文学・文化)
2年次
1年次に学んだロシア語の初歩に関する知識をさらに深め、それを確実なものにします。

ロシア語専攻科目

ロシア語文法/ロシア語作文/ロシア語学研究/現代ロシア語表現研究/ロシア文学研究
ロシア語演習Ⅰ/ロシア語演習Ⅱ/ロシア語会話Ⅰ/ロシア語会話Ⅱ/ロシア語発展演習A/ロシア語発展演習B/言語学概論Ⅰ/言語学概論Ⅱ/ロシア外交論A/ロシア外交論B/ロシア史A/ロシア史B/ロシア語作文研究/ロシア文学講読/ロシア文学特殊講義

ゼミ科目

ゼミナールⅠ/ゼミナールⅡ
3年次
ロシア語に関する専門的知識や高度な運用能力の修得を目指すと同時に、さらにロシアの文化や歴史、社会についても幅広く学びます。

ロシア語専攻科目

ロシア語文法/ロシア語作文/ロシア語学研究/現代ロシア語表現研究/ロシア文学研究
ロシア語演習Ⅰ/ロシア語演習Ⅱ/ロシア語会話Ⅰ/ロシア語会話Ⅱ/ロシア語発展演習A/ロシア語発展演習B/言語学概論Ⅰ/言語学概論Ⅱ/ロシア外交論A/ロシア外交論B/ロシア史A/ロシア史B/ロシア語作文研究/ロシア文学講読/ロシア文学特殊講義

ゼミ科目

ゼミナールⅢ/ゼミナールⅣ
4年次
ロシア語に関する専門的知識や極めて高度な運用能力の修得を目指すと同時に、さらにロシアの文化や歴史、社会についても幅広く学びます。

ロシア語専攻科目

ロシア語文法/ロシア語作文/ロシア語学研究/現代ロシア語表現研究/ロシア文学研究
ロシア語演習Ⅰ/ロシア語演習Ⅱ/ロシア語会話Ⅰ/ロシア語会話Ⅱ/ロシア語発展演習A/ロシア語発展演習B/言語学概論Ⅰ/言語学概論Ⅱ/ロシア外交論A/ロシア外交論B/ロシア史A/ロシア史B/ロシア語作文研究/ロシア文学講読/ロシア文学特殊講義

ゼミ科目

ゼミナールⅤ/ゼミナールⅥ

※基盤教育科目についてはこちらをご覧ください。※開設科目については変更する場合があります。

主な科目

ロシア語会話Ⅰ・Ⅱ

週に2回、ロシア人教員のもとでロシア語のコミュニケーションを学びます。さまざまな場面でよく使われる表現のパターンを覚え、それを何度も反復して確実に身に付けます。

ロシア事情A・B

1年次の必修授業です。ロシアの歴史から地理、政治、芸術など、さまざまな事象について幅広く講義。1年間、しっかり勉強すると、ロシアに関するかなりの量の知識が得られます。

ロシア文学研究

ロシア文学を語学的に正確に読解すると同時に、テキストの背後にある文化や思想についても丁寧に読み解いていきます。

ロシア語文法

1年次の基盤教育科目のロシア語の授業で身に付けた基礎的な文法知識をもとに、さらに高度な文法事項を学びます。この授業では、基本的な文法事項がほぼすべて網羅されますので、かなり高度な文章も読みこなせるようになります。

ロシア語作文

2年次の秋学期に週2回、和文露訳を学びます。さまざまな場面で日常的によく使われる表現、全360問の問題を一語一語丁寧な説明を受けながら、ロシア語に訳していきます。

現代ロシア語表現研究

現代ロシア語で実際に使われている表現について学びます。ネイティブ教員によりロシア語だけで行われる授業なので、かなりハイレベル。留学と同等のロシア語力が身に付きます。

時間割例

主な時間割例

専門担当教員

時崎 久夫
英語学・言語学(音韻論・統語論)

詳細を見る

教育目標(カリキュラムポリシー:CP)

・専門的能力の高度化に努めます。
・自国および他国の歴史や文化等の知見を深め、世界事象を多角的に視る力を養います。
・少人数教育を重視し、他者への想像力と豊かな社会性を育てます。
・個人の適性と能力に応じた教育指導の徹底を図り、専門的能力を活かして地域社会に貢献し得る人間を育成します。

到達目標(ディプロマポリシー:DP)

<知識・理解>

一定程度のロシア語力とロシア語圏に関する基本的知識を有します。

<関心・意欲>

国際社会の諸問題に関心をもち、分析し、複眼的に理解することができます。

<技能・表現>

課題解決に向けて情報を収集・分析し、日本語のみならず外国語でも表現することができます。

<態度・志向性>

自主的な学習を通じ、社会の一員として責任を果たすことができます。

関連ページ