学群・専攻

ロシア語専攻

ロシアの文化を理解し、ロシア語での
コミュニケーション力を身に付け、

隣国ロシアとの交流

を盛んにしよう。

日本の隣国で、特に北海道にとって一番近い外国であるロシアとの交流は、経済的・文化的に重要です。
ロシア語のコミュニケーション能力を身につけ、ロシア文化を理解することで、
日露交流を通した北海道の発展に関われるようになります。

こんな学生にオススメ

  • ロシア語を
    話せるようになりたい

  • 日ロ交流に興味がある

  • ロシアの文化や歴史も
    学びたい

■学びのポイント

ネイティブ教員からロシア語を学べる

少人数クラスで細やかな指導

■進路イメージ

専門的能力を活かして日ロの懸け橋になる人材を輩出します。

目指す資格

●ロシア語検定試験
●通訳案内士(通訳ガイド)

目指す進路

〈公務員〉
●外務専門職、警察官、自衛官、海上保安官、教員 など
〈民間企業〉
●貿易会社 など

誌上ゼミナール 瀧元 誠樹先生

江戸時代に日本初の
ロシア語教師が上陸したのは
長崎、神戸、横浜、根室のうち、どこ?

日本初のロシア語教師といわれるのは船乗りの大黒屋光太夫です。嵐で遭難してロシアに漂着した光太夫は、それから10年後の1792年にロシアの使節ラクスマンの船で帰国し、ロシア語やロシアの情報を日本に伝えます。光太夫とラクスマンがやってきたのは、江戸から遠く離れた○○でした。

  • 1

    ロシアへの漂流民に
    ついて調べよう

    日本が鎖国をしていた時代にも、嵐で難破した人がロシアに流れ着くことがありました。薩摩生まれのゴンザもその一人で、1736〜38年にロシアで世界初の露和辞典を作っています。日本最初のロシア語教師もそうした「漂流民」の一人でした。

  • 2

    ロシア帝国の歴史も
    調べてみよう

    現在のロシアの前身であるモスクワ公国は、16世紀のイワン雷帝の時代にカスピ海や西シベリアへと領土を拡張します。17世紀には毛皮を求めて極東探検がなされ、デジニョフはユーラシア大陸東端に到達しました。

  • 3

    国際交流の意味を
    考えてみよう

    国際交流には経済活動や留学だけではなく、芸術団体や自治体の文化交流もあります。両国の相互理解を深めることは、平和をもたらすのみならず、それぞれの文化を豊かにします。それを支えるのが外国語の学習です。

専門担当教員

時崎 久夫
英語学・言語学(音韻論・統語論)

詳細を見る

  • 進路実績

    民間企業/JR北海道、石上車輌、富士メガネ、エイジェック、北海道日野自動車、CCCフロンティア、アスクゲート など
    公務員/北海道庁、稚内市役所、自衛隊
    進学/東北大学大学院、北海道大学大学院、上越教育大学大学院 など

  • 教育目標(カリキュラムポリシー:CP)

    • 専門的能力の高度化に努めます。
    • 自国および他国の歴史や文化等の知見を深め、世界事象を多角的に視る力を養います。
    • 少人数教育を重視し、他者への想像力と豊かな社会性を育てます。
    • 個人の適性と能力に応じた教育指導の徹底を図り、専門的能力を活かして地域社会に貢献し得る人間を育成します。
  • 到達目標(ディプロマポリシー:DP)

    〈知識・理解〉
    一定程度のロシア語力とロシア語圏に関する基本的知識を有します。

    〈関心・意欲〉
    国際社会の諸問題に関心をもち、分析し、複眼的に理解することができます。

    〈技能・表現〉
    課題解決に向けて情報を収集・分析し、日本語のみならず外国語でも表現することができます。

    〈態度・志向性〉
    自主的な学習を通じ、社会の一員として責任を果たすことができます。

関連ページ