HOME > 入試情報 > 大学入試 > 入試トピックス

2019年度入学試験の変更点

入試制度の変更

ハイレベル入試

ハイレベル入試(一般入試A日程、センター利用入試A日程、推薦入試公募制)において、出願時に選択することにしていた「入学後に所属するコース・プログラムの選択」を廃止しました。これにより、志望する専攻に依らず、全専攻、ハイレベル入試へ出願し、学業特待生を目指すことが可能となりました。

推薦入学試験 公募制

英語専攻の個人面接において、英語音読を課していましたが、これを廃止し、全専攻共通の個人面接としました。

学友推薦特別入学試験

本学が認めた団体においてすでに参加経験があること、またはオープンキャンパス等での体験活動参加を出願要件としていましたが、これを緩和し、事前体験を出願要件から外すとともに、対象となる学生活動を既成団体のものに限らないこととしました。

GAP推薦特別入学試験

本入学試験での合格(またはそれに先立つ時点)から入学までの期間(ギャップターム)に留学や社会体験活動に取り組む計画を立案し、活動に取り組み、入学後、活動報告会で発表することを必須としていましたが、報告会を廃止し、活動報告書を提出することとしました。
なお、活動報告には、学長講評が行われます。