札幌大学について

札幌大学 POOL PARK

札幌大学 POOL PARK

スポーツ文化の世界基準を目指して

スケートボードは日常的に楽しめることもあり、発祥地であるアメリカでは、専用のスケートボードパークをキャンパス内に設置している大学が数多く存在しています。
変化を遂げていく世界のスポーツ文化に対応するため、札幌大学は国内の大学としてはじめて、キャンパス内に本格的なスケートボードパークを設置しました。若者のライフスタイルに適応した施設の提供はもとより、人材育成や文化的アプローチにおいても世界標準を目指していくーーその発信源として、札幌大学スケートボードパーク「PoolPark」は誕生しました。

エクストリーム・スポーツとは

「エクストリーム・スポーツ」とは、身体能力の限界に挑み、高さやスピード、技の華麗さなどを競う[Extreme(過激な)]要素を含んだスポーツの総称です。X-Sports(エックス・スポーツ)と略されることもあり、その種類はスノーボードやサーフィン、スケートボード以外にも多岐にわたっています。 スノーボードがオリンピックの正式種目として採用されて以降、エクストリーム・スポーツへの評価が高まっています。その中でもスケートボードは、2020年に開催される東京オリンピックの正式種目となり、注目されています。

オールシーズン対応、本格的な室内スケートボードパーク

ミニボウル(5m×10m)とボウル(8m×14m)では、スケートボードのアールの練習はもとより、スノーボードのハーフパイプをイメージした練習や、サーフィンをイメージした滑りが可能です。
街中を再現したストリートコートをはじめ、初心者用のフラットスペースも設置。未経験者から上級者まで楽しめる、広さ300㎡オーバーのスケートボードパークです。

poolpark