札幌大学   専任教員

HOME > 教員一覧・業績一覧 > 山口 拓夢

教員紹介

■教員名

山口 拓夢


■所属

女子短期大学部


■職名

教 授


学位

文学修士(学習院大学)

 

専門分野
哲学、人類学

 

所属学会
日本記号学会、西洋古典研究会

【~2018年3月】

■研究活動

▼著書・著作

・「短歌で読む哲学史」 田畑書店 2017年 単著

・「宗教の闇」 岩波書店 2000年 共著 「ディオニュソスの音楽」

・「死と来世の神話学」所収「古代ギリシア人の死生観」 ロバート・ガーランド著 単訳 言叢社 2007年

・「ディオニュソスの詩学」 チャールズ・シーガル著 単訳 国文社 2002年

・「世界神話辞典」 アーサー・コッテル著 共訳 柏書房 1993年


▼学術論文

・「オルフェウスと聖人元型」 札幌大学総合論叢 第45号 2018年 単著

・「『エミール』の教育思想」 札幌大学女子短期大学部紀要 No.65 2018年 単著

・「ギリシア悲劇とヨーロッパの古層」 学習院大学人文科学研究所『人文』 6号 2007年 単著

・「夢見るコギト―存在を詩で語るということ」 武蔵野美術大学研究紀要 36巻 2006年 単著

・「洞窟のマレーヴィチ―芸術宗教学に向けて」 武蔵野美術大学研究紀要 34巻 2004年 単著

・「神をみつめるソフィスト―エウリピデスのバッカイの構造分析」 西洋古典研究会論集 5巻 1996年 単著

・「思想のトポロジー―パイドロス篇の構造とその背後にひそむもの」 学習院大学人文科学論集 3号 1994年 単著


▼学会発表等

・「バッカイの構造分析」 西洋古典研究会 1994年

・「パイドロス篇の構造について」 学習院哲学会 1993年


▼その他の業績

・「ヘルメスの誕生」 朝日新聞道内版 北の文化 2017年10月14日

・「寺山修司と山口昌男と短歌で読む哲学史」 北方文芸 2017年7月1日

・「悲劇とケガレについて」 文化学院特別講義 1999年

page top