教員一覧・業績一覧

教員紹介

教員名
御手洗 昭治

■所属
札幌大学

■職名
教 授

■学位
オレゴン州立大学大学院博士課程卒業(Ph.D.) 学術博士

■専門分野
異文化コミュニケーション・交渉学

■所属学会
日本交渉学会元会長、北海道日米協会専務理事、多文化関係学会・北海道/東北支部長、International Society for Conflict Management, International Society of PoliticalPsychology, Worlde Future Society

実績紹介

【~2019年3月】

■研究活動

▼著書・著作
・『グローバル異文化交流史』御手洗昭治 編著・小笠原はるの著(明石書店)2019年1月,pp.1-164.
・『 タウンゼンド・ハリスの孤独な闘い』歴史に見る交渉人のストラテジー③(Realitas日立製作所出版, Vol.21 ,pp.18--23
・『箱館を舞台に外交戦の幕が上がる』歴史に見る交渉人のストラテジー②(Realitas日立製作所出版,Vol. 20,2017年pp.18-23)
・『ペリー来航は琉球から始まった』歴史に見る交渉人のストラテジー①(Realitas,日立制作所出版、VoL..19, 2017年、pp.18-23)
・『箱館を舞台に外交の幕が上がる』交渉人のストラテジー②(Realitas,日立制作所出版、VoL..20, 2017年、pp.18-23)
・『ハーバード流交渉術:世界基準の考え方・伝え方』 御手洗昭治著(総合法令出版)、2017年 4月,pp.1-287.
・『ライシャワーの名言から学ぶ異文化理解』御手洗昭治編著・小笠原はるの(ゆまに書房)2016年5月,pp-1-175
・『ケネディの言葉:名言から学ぶリーダーの条件』 御手洗 昭治編著・小笠原はるの著(東洋経済新報社)2014年 7月.
・『問題解決をはかる ハーバード流交渉戦略』御手洗編著(東京経済新報社),2013年4月
・『異文化コミュニケーション辞典』共著(春風社2013年1月),pp.324-333 etc.
・『多文化交流時代への挑戦』御手洗編著&小笠原著・ランベッリ著(ゆまに書房2011年6月)pp.1-192,pp.1-264
・『サムライ異文化交渉史』単著、(ゆまに書房、2007年4月)pp.1-276
・『ハーバード流思考で鍛えるグローバル・ネゴシエーション』単著、(総合法令出版、2003年2月),pp.1-374
・『多文化共生時代のコミュニケーション力』(ゆまに書房,2002年4月),pp.1-264
・『異文化にみる非言語コミュニケーション』(ゆまに書房,2000年4月),pp.1-129
・『絶対の英語勉強法:グレート・コミュニケーターの実践英語』(中経出版1997年)、1997年4月.,pp.1-239.
・『黒船以前:アメリカの対日政策はそこから始まった!』単著、(第一書房、1994年4月),pp.1-200.
・『新国際人論:トランス・カルチュラル・ミディエーター時代への挑戦』単著、(総合法令、1994年2月),pp.1-278.

▼学術論文
・International Negotiation 2017:From TPP・12 to TPP・11,札幌大学総合研究所,第10号2018年3月,pp163-186,
・"How to Teach English Phonetic Components to Speakers of Japanese" Shoji Mitarai & Norie Moriyoshi(The Bulletin of The Faculty of Human Life Sciences at Fuji Women's University, March 31,2017pp.157-1178)
・Edwin O. Reischauers' Famous Sayings & Cross-cultural Understanding(Japan Negotiation Jounal,Vol.26,No.1/2016,&&.62-68)
・書評『核なき世界の終着点:オバマ対日外交の深層』日本経済新聞・吉野直也著(潮Ushio Library,2016 12 p..292)
・2015 Language&Culture Relationships: Japansese as a Second Language共著:御手洗昭治/森吉紀江(札幌大学「比較論叢」2016年3月号,pp.71-80)
・TPP Settled? The Later Part of 2014 TPP & TPA:札幌大学総合研究(札幌大学総合付属研究所第7号2015年3月,pp.177-241)
・TPP Nagotiations:How Deals Went in 2014?(Part1) 札幌大学総合研究(札幌大学総合付属研究所第6号2015年3月15日,pp.1-16)
・TPP Negotiation & Issues:February through July 2013(札幌大学比較文化論叢,No.30,3月24日,pp.1-35)
・U.S.-Japan Nagotiations After March 11~Feb.2012Vol.22 No.1/2012(pp.4-21)
・U.S.-Japan Negotiations 2011&Reischauer Studies(Japan Negotiation Journal Vol.21.No.1,2012)
・U.S.-Japan Relations: Past & Future through Kyosei Approach[日米関係の過去と未来の一考察:共生アプローチ](日本共生科学会誌)Vol.1,No.1,2011,6月号).pp.1-11
・U.S.-Japan Negotiations 2010 &New Political Developments in Asia(札幌大学総合研究所論集:創刊号 2011 年4月号).
・Lessons from Microsoft Vs. Yahoo Negotiation 2008(札幌大学文化学部紀要:比較文化論叢25,2010年12月,pp.132-148).
・スズキ・VW統合型交渉、第2回日本共生科学会大磯大会研究発表論文集、2010年6月5日号
・日米の共生関係を考える(Some Thoughts on the Kyosei Relationship between the United States & Japan)(日本共生科学会誌)Vol.1,No.1,2010年4月号)."
・U.S.‐Japan Negotiations 2009&U.S.Smart Power  札幌大学附属総合研究所『札幌大学総合研究』第1号、2010年10月
・「ハンチントンとトインビーの捉える文明論」単著、(札幌大学文化学部紀要:『比較文化論叢』第23号、2009年6月)
・A Case Study: Why Microsoft and Yahoo failed to reach ’08 Negotiating Agreement?(Japan Negotiation Journal :日本交渉学会, Vol.19,No.1,2009年3月刊行,pp.1-15)
・「ハリス Vs 幕府側の粘りの日米通商条約交渉」単著、『Japan Negotiation Journal、日本交渉学会、Vol.18,No.1,2008年3月』
・『サムライ異文化交渉史』(ゆまに書房、2007年4月)pp.1-270.
・The Asia Pacific Regional Security & Multilateral Negotiation on North Korean Issue.単著、(札幌大学『札幌大学総合論叢』2007年3月)
・「ポーツマス講和条約の忘れられた影のミディエーター達」単著、『Japan Negotiation Journal、日本交渉学会、Vol.16,No.1,2006年3月』
・Unknown & Forgotten Mediators for the Portsmouth peace conference(part 2) Kogoro Takahira Vs. Theodore Roosevelt(札幌大学文化学部紀要:『比較文化論叢』第17号,2006年3月、pp.25-43)
・「ポーツマス講和条約交渉の再考察」単著、(札幌大学文化学部紀要:『比較文化論叢』第16号、2005年9月、pp.28)
・「ミディエーション研究:2002年のノーベル平和賞はカーター元大統領に」単著、(札幌大学文化学部紀要:『比較文化論叢』第14号、2004年10月、pp.33-43)
・「米国大統領グラント政権下のミディエーション」単著、『Japan Negotiation Journal,日本交渉学会、Vol.14,No.1,2004,pp.106-112』
・「グローバル化の用語問題と民間のグローバリゼーション の一考察」『Japan Negotiation Journal,日本交渉学会誌 Vol.13, No.2, 2003年3月 』
・The Kyoto Conference: International Negotiation & Metabolic Civilization (札幌大学文化学部紀要『比較分科論叢』第7号、2001年3月)
・「インド・パキスタン核実験から交渉への道:Nuclear Tests by India and Pakistan And the Road to Negotiation Settlement」 『日本交渉学会誌Vol. 11, No.1、11 号2001年3月』

▼学会発表
・日本交渉学会第31会年次大会「国際紛争:4つの核兵器の神話と紛争防止策」研究発表、明治大学駿河台キャンパス、2018年9月23日
・多文化関係学会第17回年次大会「エスカレーション理論にみる米朝交渉と朝鮮半島の非核化」椙山女学園星が屋キャンパス2018年9月22日
・日本交渉学会第30回全国大会「沖縄本土返還交渉とライシャワーの交渉力」名古屋外国語大学,2017年7月1日
・佐々木 史郎(国立アイヌ民族博物館設置準備室主幹)「北方世界の多文化的状況」のコメンテーター。藤女子大学本校,2017年9月9日
・日本交渉学会第30回年次大会「沖縄返還交渉と.ライシャワーの交渉力」研究発表、2017 630名古屋外国語大学
・Sapporo Way of International Youth Forum(10th International Symposium of Amer-ca-Japan Societies,Georgia Atlanta, Georgia Terrace Hotel,October 6,2016, The NAJAS-NAAJS/The U.S. EmbassyD.C. & Japanese Embassy,GA )
・『ライシャワーの沖縄本土返還密約交渉』 (多文化関係学会2016年年次大会(佐賀大学)2016年 10月 1日)
・”Reischauer as a Multicultural Mediator” 多文化関係学会2015年度年次大会(岡山大学)2015年 11月 14日
・「ライシャワー研究(1)」第24回 日本交渉学会全国大会2011年11月16日(中央大学・後楽園キャンパス)
・World Future Society Boston Conference 2010 & Vancouver,Canada Conferene 2011“Global Negotiation & Transcultural Studies”について発表
・Lessons from Microsoft Vs. Yahoo Negotiation. Failure to Research Agreement(World Future 2010,Conference,July9)
・日本交渉学会第33回年次大会「E.O.ライシャワー名誉会長生誕100周年記念大会:ライシャワー博士の功績と足跡を辿る」について研究発表
・『kakkoスズキ・VW統合型交渉:異文化共生の視点から』、第2回日本共生科学会、2010年6月5日、星槎湘南大磯キャンパス
・ The Asia Pacific Regional Security & Multilateral Negotiation on North Korean Issue, International Society for Conflict Management, Budapest , Hungary, June 2007 )
・「ポーツマス講和条約の忘れられた影のミディエーター達」(日本交渉学会、2005年11月)
・ Unknown & Forgotten Mediators for the Portsmouth peace conference(part 2) Kogoro Takahira Vs. Theodore Roosevelt(日本交渉学会、2005年11月)
・『米国大統領グラント政権下のミディエーション』(Japan Negotiation Journal, 日本交渉学会、Vol.14,No.1,2004,pp.106-112)
・『グローバル化の用語問題と民間のグローバリゼーション の一考察』(Japan Negotiation Journal,日本交渉学会, 2002年11月)
・『インド・パキスタン核実験から交渉への道:Nuclear Tests by India and Pakistan and the Road to Negotiation Settlement』 (日本交渉学会、2000年11月)

▼その他の業績
・2017年「第16回 多文化関係学会年次大会:佐々木史郎アイヌ民族博物館主観氏・基調講演『北方世界の多文化的状況』モデレーター藤女子大学2017年 9月8日,
・ 北星学園大学依頼・英語講演(海外事情)"English as a means of Cross-cultural Understanding" at Aki Nishihara's Course 2016年3月14日
・ 模擬講義「異文化ネゴシエーションの英語」北海道千歳高等学校2015年12月10日
・ 模擬講演:「英語圏との交渉術」(北海道立月形高等学校、2008年11月12日)
・ 模擬講演:「英語圏との交渉術」(岩手県立岩手北高等学校、2008年10月2日)
・ 講   演:「英語通訳:言語と文化とコミュニケーションの視点から」2011年10月 27日国際情報高等学校主催、札幌NTT研修センター
・ 講   演:「異文化交流から見た英語教育」(滝川西高等学校スーパー・イングリッシュ・ランゲージ・ハイスクール、2007年12月11日).
・ 講   演:「ハーバード流ビジネス交渉術」(札幌ロータリー主催、松井ビル本社,2006年9月27日).
・ 講   演:「異文化を取り組む北海道」(千歳市市役所教育委員会主催、千歳総合福祉会館2006年7月27日).
・ 学会発表:「East Asian Community & Its relationship with the United States」International Society for Political Psychology,Bercelona, Spain, July 13,2006.
・ 講   演:「異文化ビジネス・国際交渉と日本と世界」(札幌商工会議所青年部主催、ローヤルホテル, 2006年6月 27日"
・ 講   演:「世界の企業家、政治家、学者達の観る日本と今後の日本と世界」(札幌中法人会主催、2006年1月 23日.
・ 研究発表:「ポーツマス講和条約交渉と多国間ミディエーション」(日本交渉学会全国大会、東京国際大学早稲田サテライト,2005年11月13日).
・ 講   演:「多文化共生時代の英語コミュニケーション力」(北見緑陵高等学校ランゲージ・ハイスクール・イングリッシュ・プログラム(エコープログラム)推進委員会,2005年10月13日)"
・ 講   演:「ハーバード流ネゴシエーション力を探る」(北海道司法書士研究会、北海道高等学校教育会館,2005年9月30日).
・ 講   演:「異文化コミュニケーション」(苫小牧南高等学校模擬講義,2005年9月29日).
・ 研究発表:”The Road to the Portsmouth Peace Treaty: The Reluctance of European Nations to act as Mediators”(Paper Presented at 2005 International Association for Conflict Management Annual Conference, Seville, Spain, June 13, 2005).
・ 講   演:「交渉学とミディエーション」(札幌司法書士研究会,札幌大学2004年11月16日).
・ 講   演:「ペリー提督来航から日本ハム・ヒルマン監督まで」(札幌大学時計台フォーラム、2004年11月9日).
・ 基調講演:『調停者(ミディエーター)の役割:ハーバード流交渉術と博士の技術を参考にして』(第49回中国調停委員大会:広島県高等裁判所 &中国調停協会連合会主催、島根県民会館、2004年11月5日).
・ 研究発表:「ペリー来航150年:日本の近代化と国際化」(多文化関係学会:第一回北海道地区研究会、藤女子大学2004年 5月22日).
・ 基調講演:"Looking for a New Vision of Coexistence  among Conlicting Cultures”National Center for Teacher’s Teacher’s Development, 2004 Hokkaido ALT Mid-Year Conference(札幌ライフォートホテル、2003年12月8日).
・ 講   演:「ビジネス交渉と英文ライティング」(札幌国際コミュ二ケーション・プラザ主催、2003年11月18日).
・ 講   演:The History of U.S.-Japan Negotiation since Perry’s Arrival (札幌パイオニア・トースト・マスターズ主催、2003年11月10日).
・ 公開講座:「黒船ショックとペリーの対日交渉」(札幌大学公開講座、札幌大学2003年10月3日)
・ 講   演:「ペリー来航150周年:これからの日本とアメリカ」(札幌南ロータリークラブ、 2003年9月8日).
・ 講   演:ペリー提督来航150年記念講演「幕末に行われた日米交渉とペリー提督の交渉術の経緯」(北海道日米協会、2003年7月12日)
・ 講   演:「世界に通用する英語」北海道札幌国際情報高校(2003年 7月14日).
・ 大学英語教育学会(JACET)第18回北海道支部2003年シンポジウム発表「小学校から大学までの英語教育――異文化理解をどう推進するか――」(藤女子大学、2003年7月12日).
・ 研究発表:「戦略的異文化交流史:ロシアの北米植民地戦略と日露交渉の謎」(多文化学会、第一回年次大会:立教大学、2002年 11月23日).
・ 講   演:「英語教育研究会での講演:メジャーリーグと異文化を目指す英語」(胆振管内英語教育研究会主催、虻田高等学校、2002年11月15日).
・ シンポジウム・パネリスト発表者「民間のグローバリゼーション」『民間外交の時代』(24)日本交渉学会第十五回全国大会:東京国際大学、2002年11月9日)
・ 講   演:「黒船以前」千歳市市民公開講座(2002年7月14日)千歳市役所主催.
・ IFSAM Conference’s Session Chair in Multilateral & International Negotiation ,(Conrad Jupiter Resort July 12,2002, Brisbane, Australia).ビジネス交渉』」(ホテルニューオータニ2002年2月20日).
・ 講 演:「グローバル時代の異文化ビジネス交渉」(札幌国際プラザ世界貿易センター・サッポロ主催:平成13年度第二回 WTCサッポロ会員懇談会講演:ホテルニューオータニ2002年2月20日 ).
・ 北海道教育委員会主催・文部科学省,National Center for Teacher’s Developmetnt共催:The 2001-2 Hokkaido ALT Mid-Year Conference: Keynote Speech on CULTURE & CONFLICT: The Age of Transcultural Communication (札幌ライフォートホテル2001年12月12日).
・ 講   演:「ふだん着のグローバリゼーション~日・米・アジアを中心に~」千歳市教育委員会主催:千歳高星大学講座2001年11月22日).
・ 講   演:「テロとの交渉と紛争解決」(「北海道日米協会11月例会」主催:北海道日米協会、グランドホテル、2001年11月14日).
・ 講   演:「グローバル時代の異文化交渉力」(平成13年度北海道高等校長協会私立部会:第8回研究協議会講演)主催:北海道高等学校協会私立部会、担当:北海道高等学校長協会私立部会 石狩支部、札幌ガーデン・パレス、2001年9月21日).
・ 研究発表:「ICAM:Inernational Conference, A Survey of Negotiation Studies in Japan in Cergy, France on June 25,2001,(The International Association for Conflict Management).
・ 講   演:「経営者・管理者のためのビジネス交渉講座」(主催:株式会社アールディシィー、後援「ダイヤモンド『セールズマネジャー』編集部(NTT研修センター2000年6月29日、7月27日、苫小牧市役所2000年11月9日)
・ 講   演:ヨーロッパ交渉学研究学会Research Trends on Intercultural Negotiation in Japan(日本における異文化交渉研究の動向)」(フランスESSEC経営大学院 9/8/’20)Institute for Research and Education on Negotiation in Europe(ESSEC Research Center, Paris, France:Sep.8,2000).
・ 「ラウンド・テーブル・ディスカッション:『国際交渉』コーディネーター担当(第10回神田外語大学異文化コミュニケーション夏季セミナー)福島県ブリティシュセミナー2000年 9月3日).
・ 講   演:「北東アジアの地域安全保障から見た国際交渉と異文化間交流」(北東アジア・米国学生集中講座(札幌国際プラザ主催)2000年8月 3日。
・ 日本交渉学会全国大会にて研究発表「米国シー・パワーと米・印交渉への道」&「ワークショップ:異文化交渉と非言語コミュニケーションと交渉」(東京文化会館2000年7月1日).
・ 第12回日本交渉学会全国大会にて研究発表「異文化交渉史理論の一考察」(東京文化会館、1999年11月7日).
・ 研究発表「異文化戦略交渉史:北太平洋と山丹交易の異文化民族史」(第9回神田外 語大学異文化コミュニケーション研究所夏季セミナー)福島県ブリティシュ・ヒルズ、8/30/’99.
・ International Society of Political Psychology: Paper Presentation―   India-Pakistan Nuclear Issue & Negotiation,(Netherland,July 24,1999).
・ 講   演:「ネットワーク・コミュニケーション」(異文化戦略コミュニケーションと交渉の視点)1999年北東アジア・米国学生集中講座(札幌国際プラザ主催)
・ 研究発表:The India-Pakistan Nuclear Dilemma at International Society of Political Psychology on July 19,1999 at Hotel Okura, Amsterdam. 7/19/’99
・ 研究発表:「異文化戦略交渉史:北東アジア対日本」 (第11回日本交渉学会全国大会、ホテル伊豆高原11/7/’98)
・ 研究発表:Global Threats & a Cultural Dialogue at SIETAR Congress ’98 at Reitaku Univesrsity (24th Annual International Meeting).
・ 研究発表:Facing New Global Challenges at International Society of Political Psychology on July 13,1998 in Crown Plaza Hotel,Metro Center Montreal,Canada
・講 演:「体感!なるほどアメリカ」(さっぽろ市民カレッジ2010年秋期)11月4日&11月25日

■社会活動

▼公的社会活動
・日本交渉学会元 会長(文科省学術研究団体)2014年~現在
・北海道インターナショナルスクール評議委員(2007~現在)
・滝川西高等学校スーパー・イングリッシュ・ランゲージ・ハイスクール運営委員会(2007~2008年)
・日本交渉学会副会長(文科省学術研究団体) (2002年~2005年)
・文部科学省メディア教育開発センター客員教授(2002年~2005年)
・北海道日米協会専務理事(2015年~現在)
・北海道青少年科学文化財団理事(2002年~現在)
・伊藤組100年記念基金評議員(2002年~現在)
・多文化関係学会会員(2002年~現在)
・国際紛争管理学会会員(2002年~現在)

▼社会人学習
・Challenges for Muiticultural Age and Negotiation(北海道ELT用英語講演)北海道教育委員会英語部会主催 )2011 年12月 8日
・江別市民会館にて講演『異文化を取り込む北海道の挑戦』2010年9月16日
・交渉教育講座:(北洋銀行21世紀総合研究所:21総研北洋ビジネスクラブ後援・日本交渉学会との共同プログラム)
・放送大学講師 (2006年北海道大学)『黒船来航とペリー対マッカーサー』(11月18日・19日)

教員一覧に戻る