教員一覧・業績一覧

教員紹介

教員名
阿部 宏行

■所属
女子短期大学部

■職名
教 授

■学位
修士(教育学(教科教育学))(北海道教育大学)

■専門分野
美術教育、 造形教育、 幼児教育

■所属学会
美術科教育学会、日本保育学会

■学生へのメッセージ
人は誰も周囲に支えられて生きています。子どもの成長に関わる学校教員、幼稚園教諭や保育士とても尊い仕事です。今、こども学科では「人が人を育てる」仕事をめざす学生が知識や技能だけでなく、人間性も含めた資質能力を高めています。

実績紹介

【~2022年3月】

■研究活動

▼著書・著作
・「つくって楽しい 届いてうれしい 絵封筒のABC」日本文教出版、64頁、2022年4月  
・「幼児・小学生の造形による 育みのABC」日本文教出版、96頁,2020年7月
・「図工を通して 子どもがもっとすきになる評価のABC」日本文教出版,56頁,2020年7月
・「なるほどそうか!学習指導要領 新・図工のABC」日本文教出版,64頁,2017年7月
・「学びとしての図画工作 題材のABC」日本文教出版,48頁,2018年,12月
・『教育美術』第82巻第5号(第947号)「実践報告を読んで 子どもたちとの学びの旅」令和3(2021)年5月,教育美術振興会
・「よりより授業への一歩」形フォルムforme No324 -2021 ABC PICK UP」日本文教出版,2021,6,p9
・『教育美術』第82巻 第8号 (第950号)「実践報告を読んで 人が人を育てる」 令和3(2021)年8月,教育美術振興会
・『教育美術』第82巻 第8号 (第950号)「教育美術・佐武賞 選考委員 選評」令和3(2021)年8月,教育美術振興会
・「図工のお悩み相談室 No04 評価について」日本文教出版,2021,8,
・「好きこそものの上手なれ」『形forme』No322-2020 日本文教出版 令和2(2020)年10月22日
・「子どものよさや可能性を造形活動の過程で捉える ~造形遊びの指導と評価」『形forme』No323-2021 日本文教出版 令和3(2021)年3月8日
・『教育美術』第81巻 第8号 (第938号)第55回 教育美術・佐武賞 選評 令和2(2020)年8月 教育美術振興会
・『教育美術』第81巻 第11号 (第941号)「美術教育への提言 アトリエとしての図工室が創造性を育む」 令和2(2020)年11月 教育美術振興会
・『教育美術』第82巻 第3号 (第945号)「子どもの創造が生まれる場 「もっと面白くしたいという思いが埋めれる幼稚園の環境構成」コメント 令和3(2021)年3月 教育美術振興会
・『学校教育・実践ライブラリ Vol.2 評価と指導 ~全面実施直前・各教科等の取組課題』ぎょうせい,令和元(2019)年6月
・『2019年 改訂指導要録対応 シリーズ 学びを変える新しい学習評価 理論・実践編2』「第8章 図画工作編 「よさや可能性(資質・能力)を子どもの姿から評価する」共著 平成31年12月 
・『速解 新指導要録と「資質・能力」を育む評価』共著 ぎょうせい 平成31年6月
・『図画工作科の「見方・考え方」が鍛えられる授業とは―自分をつくりだす題材を授業改善の鍵とする―』広島大学附属小学校学校教育研究会 学校教育 平成30年10月
・『平成29年版小学校 新学習指導要領ポイント総整理 図画工作』編著 東洋館出版  平成29年10月
・『小学校 新学習指導要領の展開 図画工作編』編著 明治図書 平成29年10月
・『「造形的な見方・考え方」を鍵とする授業改善』広島大学附属小学校学校教育研究会 学校教育 平成29年10月
・『題材のABC』日本文教出版 平成30年12月
・『新・図工のABC』日本文教出版 平成29年7月
・『子どものABC』日本文教出版 平成28年5月
・『造形のABC』日本文教出版 平成27年4月
・『授業のABC』日本文教出版 平成26年5月
・『指導のABC』日本文教出版 平成25年4月
・『図工のABC』日本文教出版 平成24年4月
・『私がつくる図画工作科の授業 ふぞろいな学習指導案』編著 日本文教出版 平成23年8月
・『平成23年版 観点別学習状況の評価規準と判定基準 小学校 図画工作』共著  図書文化社 平成23年5月
・『図画工作の指導と評価』編著 東洋館出版 平成17年10月

▼学術論文
・「物語」から<物語>へ連なる子どもの世界 (1)~小説「裸の王様」・映画「絵を描く子どもたち」から絵の指導を考察する~札幌大学女子短期大学部紀要 第70号 通巻84号 令和4(2022)年3月                                                                  ・「物語」から<物語>へ連なる子どもの世界 (2)~新しい学力観における題材の提案と<物語>の絵の指導を考察する~札幌大学女子短期大学部紀要 第70号 通巻84号 令和4(2022)年3月                                                               ・ 「物語」から<物語>へ連なる子どもの世界 (3)~物語の絵に関する「聞く」をもとにした指導法を考察する~札幌大学女子短期大学部紀要 第70号 通巻84号 令和4(2022)年3月                                                                                        ・ 「物語」から<物語>へ連なる子どもの世界 (4)~「指導法」からはじまる酒井臣吾の指導を考察する~札幌大学女子短期大学部紀要 第70号 通巻84号 令和4(2022)年3月  
・保育(自然と遊び)に関する教材化の研究(実践編) ~構内の樹木を教材対象にして~ 札幌大学女子短期大学部紀要 第69号 通巻83号 令和3(2021)年3月 
・保育(自然と遊び)に関する教材化の研究(理論編) ~幼児の散歩と自然との関わり~ 札幌大学総合論叢 第51号 令和3(2021)年3月 
・「コロナ禍における造形表現のオンライン授業の課題と改善の考察~教員養成系の造形表現関係者へのアンケートから~」札幌大学女子短期大学部こども学科研究論集 保育者養成研究 第1号 令和2(2020)年11月
・「子どもの表現に関する造形行為について ~「かく」という行為に関する一考察~」札幌大学総合論叢 第50号 令和2(2020)年10月
・「子どもの絵は自分に宛てた手紙」札幌大学女子短期大学部こども学科解説記念公開講座講演集(第40回) 令和2(2020)年3月
・「子どもの造形表現の発達と指導のあり方 -幼児や小学生の表現方法の獲得ー」美術教育学 美術科教育学会誌 第39号 平成30(2017)年3月
・「北海道の美術教育の礎に関する一考察➁ ~伊藤恵の教育的視座について~」北海道教育大学研究紀要第68巻第1号 平成29(2017)年9月
・「なぜプロセスが重要なのか? ~造形活動と資質能力の発揮~」北海道教育大学研究紀要第67巻第2号 平成29(2017)年3月
・「幼児教育から造形教育へのアプローチ ~子どもの手の巧緻性と造形教育~」『芸術・スポーツ文化学研究3』大学教育出版 平成27(2015)年3月
・「「造形遊び」が定着しない要因の考察(1)~学習指導要領と図画工作の教科書~」美術科教育学会誌第38号平成29(2017)年3月
・「子どもの手の巧緻性と造形教育 ~ドイツの幼稚園に学ぶ」北海道教育大学研究紀要第67巻 第1号 平成28(2016)年8月
・「なぜ「造形遊び」は定着しないのか?」『芸術・スポーツ文化学研究2』大学教育出版 平成28(2016)年3月
・「子どもの絵の発達と指導のあり方 ~図画工作の年間指導の実態調査から~」美術科教育学会誌 第37号 平成28(2016)年3月
・「図画工作における授業改善の一考察 年間指導実施調査から」北海道教育大学研究紀要第66巻 第2号 平成28(2016)年2月
・「子どもの絵における空間表現の発達と指導(2) -食卓の奥はなぜ長い?」美術科教育学会誌第36号平成25(2013)年3月
・「子どもの手の巧緻性に関する基礎研究(2) 調査報告と検証」北海道教育大学研究紀要第65巻第2号平成27(2015)年2月
・「幼児教育から造形教育へ ~デンマークの幼稚園に学ぶ」北海道教育大学研究紀要第66巻 第1号)平成27(2017)年8月
・「考現学的アプローチによる造形遊びの実践報告」北海道教育大学研究紀要第64巻 第2号 平成26(2016)年3月 
・「子どもの絵における空間表現の発達と指導(1) 〜「食事の風景」の絵を通して」美術科教育学会誌 第35号平成25(2013)年3月
・「子どもの手の巧緻性に関する基礎研究(1)予備調査報告と検証 」北海道教育大学研究紀要第64巻 第1号平成25(2013)年8月
・「北海道の美術教育の礎に関する一考察  ~藤野高常の教育的視座について~」北海道教育大学研究紀要第63巻 第1号 平成24(2012)年8月
・「美術教育における授業改善の一考察 〜心と心をつなぐ芸術プロジェクトの実践から」北海道教育大学研究紀要第62巻 第1号 平成23(2011)年8月
・「子どものつぶやきを大切にした図画工作の授業をめざして」北海道教育大学研究紀要第61巻 第1号 平成22(2010)年8月
・「子どもの発達観から子どもの学びと指導のあり方を再考する」美術科教育学会誌 第30号 平成21(2009)年3月
・「図画工作科における指導と評価の一考察」美術科教育学会誌 第29号 平成20(2008)年3月
・「イメージ創出の系とイメージ構築の系から考える指導の一考察」美術科教育学会誌 第28号 平成19(2007)年3月
・「好きこそものの上手なれ」『形forme』No322-2020 日本文教出版 令和2(2020)年10月22日
・「子どものよさや可能性を造形活動の過程で捉える ~造形遊びの指導と評価」『形forme』No323-2021 日本文教出版 令和3(2021)年3月8日
・『教育美術』第81巻 第8号 (第938号)第55回 教育美術・佐武賞 選評 令和2(2020)年8月 教育美術振興会
・『教育美術』第81巻 第11号 (第941号)「美術教育への提言 アトリエとしての図工室が創造性を育む」 令和2(2020)年11月 教育美術振興会
・『教育美術』第82巻 第3号 (第945号)「子どもの創造が生まれる場 「もっと面白くしたいという思いが埋めれる幼稚園の環境構成」コメント 令和3(2021)年3月 教育美術振興会
・『学校教育・実践ライブラリ Vol.2 評価と指導 ~全面実施直前・各教科等の取組課題』ぎょうせい,令和元(2019)年6月
・『2019年 改訂指導要録対応 シリーズ 学びを変える新しい学習評価 理論・実践編2』「第8章 図画工作編 「よさや可能性(資質・能力)を子どもの姿から評価する」共著 平成31年12月 
・『速解 新指導要録と「資質・能力」を育む評価』共著 ぎょうせい 平成31年6月
・『図画工作科の「見方・考え方」が鍛えられる授業とは―自分をつくりだす題材を授業改善の鍵とする―』広島大学附属小学校学校教育研究会 学校教育 平成30年10月
・『平成29年版小学校 新学習指導要領ポイント総整理 図画工作』編著 東洋館出版  平成29年10月
・『小学校 新学習指導要領の展開 図画工作編』編著 明治図書 平成29年10月
・『「造形的な見方・考え方」を鍵とする授業改善』広島大学附属小学校学校教育研究会 学校教育 平成29年10月
・『題材のABC』日本文教出版 平成30年12月
・『新・図工のABC』日本文教出版 平成29年7月
・『子どものABC』日本文教出版 平成28年5月
・『造形のABC』日本文教出版 平成27年4月
・『授業のABC』日本文教出版 平成26年5月
・『指導のABC』日本文教出版 平成25年4月
・『図工のABC』日本文教出版 平成24年4月
・『私がつくる図画工作科の授業 ふぞろいな学習指導案』編著 日本文教出版 平成23年8月
・『平成23年版 観点別学習状況の評価規準と判定基準 小学校 図画工作』共著  図書文化社 平成23年5月
・『図画工作の指導と評価』編著 東洋館出版 平成17年10月


■社会活動

▼公的社会活動
・令和3年度 第65回東北造形教育研究大会岩手大会 第55回岩手県造形教育研究大会盛岡大会 記念講演「つくりだす喜びを礎にして 子どもが好きになる評価。図工美術が好きなる指導」録画放映 20211028
・令和3年度 第2回 白石区幼保小連携推進協議会 幼保小オンライン講演会講師 演題「子どもの主体的な学びを保障する指導の継続性について ー資質能力の育成を鍵としてー」2021.10.20 Zoomによる配信
・令和3年度 第73回全国造形教育研究大会北海道大会 第70回全道造形教育研究大会札幌大会 「わたしを創る 今を生きる 共に生きる造形教育」A分科会 研究助言 202.11.02 Zoomによる配信
・公益法人心の里親会・奨学会主催  絵画展審査(令和3(2021)年11月開催 地下街オーロラタウン) 
・第54・55回 教育美術・佐武賞 選考委員  教育美術振興会(令和2(2020)年8月から3年8月まで) 
・札幌市立幼稚園のあり方検討会 委員長(令和2年3月まで)
・学習指導要領等の改善に係る検討に必要な専門的作業等協力者 図画工作 主査(平成31(2019)年3月まで)
・一般公開講座 子どもの絵の発達と指導のあり方 (平成28年12月まで)
・文部科学省 中央教育審議会教育課程部会 教科別等ワーキンンググループ等委員(芸術ワーキング) 芸術ワーキング 委員 (平成29(2019)年2月まで)
・文部科学省 中央教育審議会専門委員 初等中等教育分科会 幼児教育部会 専門委員 (平成29(2019)年2月まで)
・北海道教育庁文化財団・博物館課 「新規事業の美術体験充実事業検討委員会」 大学関係者(平成28(2018)年3月まで)
・平成27年度幼児教育の質向上に係る推進体制等の構築モデル調査研究~自治体における幼児教育の推進体制の在り方に関する調査研究に係る「調査研究実行委員会」 調査研究実行委員会代表 (平成28年3月まで)
・リージョナル(i-masu)「マルシューレ(造形あそび学校)」地域の幼年期の子どもを対象とした岩見沢校の貢献事業 (令和元(2019)年まで)
・内閣府政策統括官(共生社会政策担当)幼保連携型認定こども園保育要領の策定等に関する調査研究協力者 調査研究委員 (平成27(2015)年3月まで)
・中央教育審議会専門委員(初等中等教育分科会) 教育課程部会 認定こども園教育専門部会委員 (平成27年3月まで)
・札幌市造形教育連盟 会長 (平成27(2015)年3月まで)
・岩見沢市教育研究所運営委員会 委員長 (令和2(2020)年3月まで)
・国立教育政策研究所 学習指導要領実施状況調査(小学校 図画工作) 結果分析委員会 主査 (平成26年3月まで)
・科学研究費助成事業 (独立行政法人日本学術振興会)「挑戦的萌芽研究」子どもの手の巧緻性に関する基盤研究と授業改善の一考察(研究代表者) (平成26(2014)年3月まで)
・小学校学習指導要領実施状況調査作問委員会 図画工作 文部科学省 主査 (平成25(2013)年3月まで)
・子どもの手の巧緻性に関する基礎研究 (個人研究) (平成27(2015)年3月まで)
・小学校学習指導要領実施状況調査作問委員会 図画工作 文部科学省 主査 (平成24(2012)年3月まで)
・「評価規準、評価方法等の工夫改善に関する調査研究」協力者 文部科学省 副主査 (平成23(2011)年3月まで)
・特定の課題に関する調査(小学校図画工作)問題審査委員会の協力者 文部科学省 (平成21(2009)年9月まで)
・学習指導要領の改善協力者 小学校図画工作 文部科学省 学習指導要領改善協力者 (平成20(2008)年4月まで)

▼社会人学習
・公社)北海道家庭生活総合カウンセリングセンター主催 3級カウンセリング研修講座講師(令和3(2021)年7月実施)
・北海道社会福祉協議会主催 保育士等キャリアアップ研修講師(令和3(2021)年7月収録)

教員一覧に戻る