札幌大学/札幌大学女子短期大学部

サツダイ◆インタビュー

※インタビュー内容、所属等は取材時のものです。

  • Kurosawa Katarina

    他人の目を気にせずに生きていい。
    留学先のアメリカで体感できました。

    黒沢 カタリーナKurosawa Katarina

    英語専攻3年

    市立札幌大通高等学校出身

    2年の夏から半年間、アメリカのネブラスカ州立大学カーニィ校へ留学しました。現地で気付いた日本との違いはたくさんあるのですが、一つはアメリカ人がどこでも誰にでもフレンドリーに話しかけること。話す内容も必要に迫られたことではなく、「その服いいね」など褒め言葉が多いのに驚きました。もう一つは先生と学生が政治問題などを対等に議論していること。他人の目を気にせずに思ったことを堂々と口にできるアメリカの文化に刺激を受け、オープンマインドを意識するようになりました。

    私は英語の教員を目指しているので、授業のこともあり、当初は留学を迷っていたのですが、語学をきちんと身につけたくて、意を決して申し込んだら、授業料と寮費が免除されるフルスカラシップの交換留学生に選ばれました。とてもありがたかったです。いまは教職課程の半年分の遅れを取り戻そうと頑張っているところ。卒業までに英検1級にも合格したいと思っています。

  • 大切なのは、どこの大学かではなく、
    そこで自分が何をしたのかだと思う。

    橋堀 悠杜Hashibori Yuto

    英語専攻4年

    北海道伊達高等学校出身

    大学に入学して勉強に対する姿勢が変わりました。高校までは、生徒会の活動と剣道の部活があり、勉強をさぼりがちで、受験のときに後悔しました。今は英語教員という目標に向けて毎日、机に向かっています。好きな授業は「英語教育」で、ネイティブの先生と近隣の小学校へ英語授業の実習に行く時間があります。先生が「Yuto,translate.(悠杜、通訳して)」と、子どもたちへの指示を僕に任せてくれるので、とてもやりがいを感じます。

    3年の夏にはロンドンに2週間の語学留学も経験しました。ホームステイ先のホストファミリーが親日家で、いろいろ質問してくれるので、日本の歴史や経済のことも英語で表現しようと頑張りました。帰国後すぐに受けた英検準1級の試験にも合格し、いまは教職ゼミで教員を目指す仲間と採用試験に向けた勉強をしています。大切なのはどこの大学かではなく、そこで自分が何をしたかだと思うので、応援してくれる先生方に応えるためにも、精一杯の努力を重ねたいと思っています。

  • Ono Sayaka

    短大は2年間限定だからこそ、
    一日一日を大切にしたい。

    小野 彩夏Ono Sayaka

    キャリアデザイン学科2年

    北海道室蘭清水丘高等学校出身

    早く社会に出て働きたいと思い、短大を選びました。札幌大学女子短期大学部には大学と合同で行われる授業もあり、私が選択している中国語もその一つ。一年間の勉強で中国人観光客の会話が聞き取れるようになったので、在学中に中国へ語学研修に行きたいです。
    キャリアデザイン学科は、ビジネスマナーなど就職に役立つ実践的な授業に加え、積極的に地域に出ていく授業が多いのも特徴です。「地域社会演習」ではアンパン道路と呼ばれる道を歩き、陸軍の兵士によって造られた歴史をレポートにまとめました。

    これから就職活動が本格化しますが、私の理想はワーク・ライフ・バランスを実現すること。以前は社会でバリバリ働きたいとだけ思っていたのですが、ライフプランについて学び、仕事だけでは幸せになれないのかもと気付きました。仕事も私生活もどちらも充実させるために、残りの時間で前向きにいろいろ挑戦したい。2年限定だからこそ、より一日一日を大切にできるような気がします。

  • Kimura Riona

    大学に入学してから1年間、
    自分を見つめ直す時間を持てます。

    木村 梨央奈Kimura Riona

    1年次:地域共創学群
    →2年次:リベラルアーツ専攻(現在2年次)

    北海道札幌真栄高等学校出身

    あらかじめ学部を決めて受験する大学が多いのに対し、札幌大学はさまざまな授業を受けてから専攻を選べる点に魅力を感じました。私の場合、英語以外の語学を学んでみたくて「コリア語」を選択したり、興味が湧いたので「クリエイティブ・シンキング」という科目を履修したり、幅広く授業を取ってみて、自分が編集や出版の分野に関心があると気付きました。2年からは広報学のゼミに入りたくて、専攻をリベラルアーツに決めました。あらためて考えると、中学時代に生徒会の編集局に入っていて、もともと文章を書くのは好きだったのですが、それを職業に結びつける発想ができませんでした。大学に入学して一年間、自分の好きなこと、得意なことを見つめ直す時間があれば、進みたい道はきっと見つかると思います。

  • Kon Momoka

    経済のメカニズムを理解して、
    将来は、地域の活性化のために力を尽くしたい。

    今 萌香Kon Momoka

    経済学専攻3年

    北海道滝川西高等学校出身

    私の所属するゼミでは毎回、新聞記事をテーマにみんなでディスカッションする時間があります。自分では思いつかない意見が出るので、とても刺激的です。また、先生に勧められて参加した商工会議所主催のインターンシップも有意義でした。飲食業の魅力を発信するプロジェクトに3カ月かけて取り組んだのですが、他大学と合同の発表会もあって視野が広がりました。卒業後は生まれ育ったまちの役場で地域の活性化に貢献するのが目標です。

  • Komatsu Riku

    消費者としてだけではなく、
    経営者の立場で考える新しい視点を持てました。

    小松 陸Komatsu Riku

    経営学専攻4年

    北海道千歳高等学校出身

    商業科の教員をしている親戚の勧めでゼミの担任の高石先生と出会い、経営学専攻に入りました。僕自身は普通科の出身でしたが、商業を勉強してみると面白く、数字で企業の経営状態まで読み解ける簿記には驚きました。商業を学んでからは、消費者の立場だけではなく企業側の視点でものを考えられるようになったと思います。商業科の教員を目指して教職センターに所属して勉強中。教育実習に向けて、教材の作成や模擬授業の練習を重ねています。

  • Ota Atsuko

    法律は万能じゃない。
    だからこそ学ぶ意義があると思います。

    太田 敦子Ota Atsuko

    法学専攻4年

    札幌光星高等学校出身

    法科大学院への進学や司法書士の資格取得を目指す「法専門職・公務員エキスパートコース」に所属しています。通常授業のほかに特論という特別授業があり、ごく少人数で学べるのが特長です。私の好きな講義は「刑法」「刑事訴訟法」で、図書館3階にある法令コーナーで過去の判例を調べるうちに、日々のニュースについても深く考えるようになりました。公法、私法と幅広く学んで、法科大学院を目指せるくらいの知識を身につけたいと思っています。

  • Futada Shiho

    レベル別のクラス編成で、
    英語の4技能が確実に身につきます。

    二田 詩穂Futada Shiho

    英語専攻3年

    北海道札幌啓成高等学校出身

    学業特待生の制度を利用すると国公立大並みの学費で学べることを知り、札幌大学に入学しました。英語専攻はレベル別のクラス編成で親身に教えてもらえるので、「Listening,Speaking,Reading,Writing」の英語の4技能の力が格段にアップしたと思います。よさこいソーラン祭りの会場でボランティアをしたとき、外国人観光客を英語で案内できたことは大きな自信になりました。今後はTOEICや英検も頑張って、将来は高校の英語教員になりたいです。

  • Kawaguchi Rintaro

    ロシア語は単語の形がさまざまに変わるから、
    パズルみたいで面白い。

    川口 凛太郎Kawaguchi Rintaro

    ロシア語専攻2年

    兵庫県立伊川谷高等学校出身

    僕は別の大学を卒業後、働いてお金を貯め、札幌大学へ入り直しました。ロシア語を学びたかったからです。前の大学では英語専攻でしたが、北米から欧州、アジアまでひとりで旅しながら多様な言語に触れるうち、ロシア語の文法の構造が一番面白いと思うようになりました。単語の形がさまざまに変化するので、パズル感覚で理解できるんです。いまはロシア語能力検定の勉強をしながら、古代ロシア語も独学中。文法を深く研究したいと思っています。

  • Miura Mei

    ゼミ合宿で遺跡の発掘調査に参加。
    遺物発見の現場に立ち会うことができました。

    三浦 芽己Miura Mei

    歴史文化専攻3年

    北海道石狩翔陽高等学校出身

    ゼミのフィールドワークとして、夏休みに枝幸町の目梨泊遺跡の発掘調査に参加しました。目梨泊はオホーツク文化期の遺跡で、10日間の調査では刀のさや尻の金具や鯨骨、土器などが出土しました。僕が担当したのは遺物の分類ですが、発見の様子を間近に見られて貴重な経験になりました。僕は小学生のころに丘珠縄文遺跡を見学して以来、先史文化に関心があり学芸員になるのが将来の目標。資格を取って大学院へも進みたいと考えています。

  • Nakagawa Mizuho

    物語を文法から読み解きたい。
    論理的な読解法について考察しています。

    中川 瑞穂Nakagawa Mizuho

    日本語・日本文化専攻3年

    池上学院高等学校出身

    現代文の読解問題は書き手や登場人物の心情を読み解くのが一般的ですが、文法から論理的に答えを導く方法もあるのではと考えました。いまは日本語の歴史や文字表記について考えるゼミに所属して、辞書による語釈(語句の意味の説明)の違いを考察しています。日本語・日本文化専攻には個性的な先生が多く、熱の入った授業が受けられます。話に惹きつけられ夢中になってしまうこともよくあり、そのおかげで苦手だった古典にも興味が出てきました。

  • Sagawa Keita

    目標は二つ。
    体育の教員になることと、
    ボルダリングで全国ベスト8に入ること。

    佐川 奎汰Sagawa Keita

    スポーツ文化専攻2年

    北海道遠軽高等学校出身

    高校時代、子ども向けのスポーツ教室でボランティアをして、保護者や先生から「教え方が上手」と褒められたことがきっかけで、体育の教師を目指すようになりました。いまはスポーツ文化専攻で体育実技から運動生理学などのスポーツ理論、具体的な指導法やケガの手当てまで、幅広く学んでいます。また、高校から始めたスポーツクライミングではボルダリング競技を専門に取り組んでいて、在学中に全国大会でベスト8に入るのが目標です。

  • Yamaguchi Yui

    専門の枠にとらわれず、
    学問分野を横断した自由な学びが実現できます。

    山口 ゆいYamaguchi Yui

    リベラルアーツ専攻2年

    神奈川県立金井高等学校出身

    専門分野に特化せず幅広く学べるリベラルアーツの学科で大学を探して、札幌大学を選びました。経済学入門、環境科学入門、韓国語など、自分の興味のある授業を選んで時間割を組み立てています。専攻や学年関係なく誰でも履修できる授業もあるほか、留学生と交流できるイベントが多いのも魅力です。今は「教員発案型授業」の講師として来られた飲食店を経営されている方の提案で、学生主体のカフェ運営を企画中。成功できるよう頑張っています。

  • Komori Aika

    勉強と部活動を両立して、
    2年間で二つの資格を取るのが目標。

    小森 愛佳Komori Aika

    こども学科2年

    駒澤大学附属苫小牧高等学校出身

    こども学科では保育士と幼稚園教諭、二つの資格を取ることができると知り、入学を決めました。高校時代、卓球で全国大会を経験したので、部活の強い札幌大学で大好きな卓球を続けたいという気持ちもありました。キャンパス内には地域の親子が集まる「子育てサロン」や「めぇ〜ず保育園」があり、実際に子どもとふれあう環境がそろっているのも魅力です。保育所や児童福祉施設などでの実習の中で、経験を重ねながら子どもとのかかわり方を学んでいけます。

  • Moriyama Nonoka

    自分のやりたい仕事を探すには、
    インターンシップがヒントになるはず。

    守山 乃々香Moriyama Nonoka

    経済学専攻4年

    北海道札幌国際情報高等学校出身

    インターンシップに初めて申し込んだのは2年生の夏休みです。これまでに生命保険、証券、IT企業、警察などのプログラムに参加しました。実際の職場を見ることができるので、外からはなかなかわからない会社の雰囲気がリアルに分かります。また、社員の方から仕事のやりがいなどを直接、聞ける機会もあります。なかには、業務の一部を体験させてくれる会社もあります。いろいろな企業を見ることができるのは、たぶん大学生の今しかないので、私はできるだけたくさん経験したいと思っていました。早めに参加すれば、それだけ自分のやりたいことも見えてくるはず。自己分析のヒントにもなるので、これから本格化する就職活動でも生かせると思います。

  • Kato Reika

    海外でいきなりビジネス課題に挑戦。
    2週間の滞在は、自分を強くする時間でした。

    加藤 伶香Kato Reika

    ロシア語専攻2年

    札幌光星高等学校出身

    1年の夏休み「海外ビジネス武者修行プログラム」に参加して、海外インターンに挑戦しました。ベトナムの小さなまちに2週間滞在し、現地の人とビジネス課題に挑戦するプロジェクトです。私は学生3人チームでサンドイッチ店の商品開発にチャレンジ。スマホの翻訳機能を使って市場調査から始め、現地の人の嗜好にあう新メニューを提案しました。あらかじめ答えのある問題を解くような勉強とは違い、社会では自分たちで答えを創り出さなければならないのだと実感しました。厳しい体験でしたが、自分を強くする時間でもあったと思います。できれば次は、ロシア語の力を伸ばすためロシアに留学してみたい。未来を自分の手で切り拓いていける人間になりたいです。

  • Yamaguchi Ryoya

    僕らがとらわれているのは、
    日本の常識に過ぎないと気付きました。

    山口 諒也Yamaguchi Ryoya

    英語専攻3年

    北海道浦河高等学校出身

    アルバイトを掛け持ちして費用を貯め、フィンランドのラップランド大学に半年間、留学しました。現地ではフランス人やイタリア人とアパートをシェアして生活し、一緒に食事をしたり、夜遅くまで語り合ったりしました。大学の授業は全て英語でしたが、驚いたのは現地の人の寛容さです。たとえばレポートの提出も日本なら期日厳守ですが、向こうはとても大らかで、それぞれの国で教育方法や考え方は違うのだと気付きました。留学中はオーロラを見たり、サンタ村でトナカイに乗ったりしたのもいい思い出です。僕自身、たくさんの人に親切にしてもらったので、今後は札幌大学に来る留学生をサポートしたい。英語力もさらに磨いていきたいと思っています。

CONTENTS