HOME > 最新情報 > SU News > 2018年 > 本田優子教授が北海道150年事業アドバイザーに委嘱されました

SU News

2018.01.12

本田優子教授が北海道150年事業アドバイザーに委嘱されました

本学の本田優子教授が北海道150年事業アドバイザーに委嘱されました。北海道は今年「北海道」と命名されてから150年目を迎えます。これにあたり道では、実施する記念事業の充実を図るため、専門的知見を有する北海道150年事業アドバイザーを設置しています。
本田教授はアイヌ文化、アイヌ史、アイヌ語を専門分野としており、アドバイザーとして記念事業等の必要な分野において助言したり、「北海道150年事業」や「北海道の魅力」を道内外に発信します。

 

またこれに加え、本田教授は「国立アイヌ民族博物館におけるアイヌ語表示・展示解説検討委員会」委員や、東京都八丈島で実施される「八丈町立三原小学校道徳事業地区公開講座」での講師を務めます。講座では、八丈方言を絶やさないためアイヌ語復興に向けての取り組みなどについて紹介します。

 

【北海道150年記念事業アドバイザー】

委嘱期間:2019年3月31日まで

 

【国立アイヌ民族博物館におけるアイヌ語表示・展示解説検討委員会委員】

委嘱期間:2018年3月31日まで

 

【八丈町立三原小学校道徳事業地区公開講座】

日程:2018年1月14日(日)  午前9時~11時30分

page top