HOME > 最新情報 > SU News > 2017年 > ロシア語専攻の1年生がロシア語弁論大会で優勝しました

SU News

2017.12.06

ロシア語専攻の1年生がロシア語弁論大会で優勝しました

12月2日(土)に道庁赤レンガで開催された「第49回全道ロシア語弁論大会」(日本ユーラシア協会北海道連合会主催)のBクラスにおいて、本学ロシア語専攻1年の呉屋昇太さんが優勝しました。

この大会は毎年開催されており、道内外のロシア語学習者が集まり日々の努力の成果を発揮する機会でもあります。

参加者はレベル別に、上級者向けのAクラスと初心者向けのBクラスの2クラスに分かれています。ロシア語によるスピーチを行い、さらにAクラスは質疑応答、詩の朗読も必要となります。今年はAクラスに6名(内、本学学生は2名)、Bクラスに32名(内、本学学生は7名)が出場しました。

 

Bクラスで優勝した呉屋さんは沖縄出身で、沖縄から北海道の大学へやってきたことをスピーチのテーマにしており、会場に多くいたロシア人の観客の間で「沖縄の男の子のスピーチが本当に上手で内容も面白かった」と話題になっていました。

 

IMG_8488-001.JPG

※前から2列目・左端が呉屋昇太さん

 

 

【問合せ先】札幌大学インターコミュニケーションセンター(SUICC) TEL:011-852-9138

page top