HOME > 最新情報 > SU News > 2017年 > 札幌大学創立50周年記念公開講座「個人文庫をもつ大学 その意義と可能性」を開催しました

SU News

2017.10.31

札幌大学創立50周年記念公開講座「個人文庫をもつ大学 その意義と可能性」を開催しました

今年、本学が創立50周年を迎えたのを記念し、札幌大学学生立志テラスS-wing(図書館1階)とヘルメス(図書館2階)を会場に創立50周年記念公開講座を開催しました。

創立50周年記念事業「札大×山口昌男プロジェクト」に関連して、「個人文庫をもつ大学 その意義と可能性」をテーマに、加藤周一文庫(立命館大学)、丸山眞男文庫(東京女子大学)、山口文庫(札幌大学)にスポットを当て、大学におかれた個人文庫の現状や課題、可能性について熱く語っていただきました。

受講者からは、「非常に興味深い講座でした」「普段聞くことができない知られざる話が聞けて貴重な時間でした」「個人文庫について各大学が存在価値を認識し、組織として維持発展させていく事を期待します」などの感想をいただきました。

 

札幌大学では、地域に開かれた大学として、教育研究上の成果を広く地域住民の方々に還元することを目的に毎年公開講座を開設しています。

 

○平成29年度札幌大学創立50周年記念公開講座

【テーマ】「個人文庫をもつ大学 その意義と可能性」

【会場】札幌大学図書館1階学生立志テラスS-wing、図書館2階ヘルメス

 

BT6O5915.JPG

《第1回》10月11日(水)
「活きた文庫を目指して―加藤周一文庫の現在と将来」
立命館大学客員教授・立命館大学加藤周一現代思想研究センター長 鷲巣 力 氏

BT6O6475.JPG

《第2回》10月19日(木)
「丸山眞男文庫の意義と展望:丸山研究史のなかの位置」
東京女子大学「丸山眞男研究プロジェクト」特任研究員(2015-2016年度) 川口 雄一 氏

BT8V5162.JPG

《第3回》10月25日(水)
「山口昌男先生と山口文庫について」
元札幌大学教授・立命館大学加藤周一現代思想研究センター客員研究員 石塚 純一 氏

 

【問い合わせ】札幌大学インターコミュニケーションセンター(SUICC) TEL:011-852-9138

page top