HOME > 最新情報 > 図書館 > 2017年 > スペシャル・トーク・セッション「ヘルメスの帰還-山口昌男と書物の精神」を開催しました

図書館からのお知らせ

2017.10.03

スペシャル・トーク・セッション「ヘルメスの帰還-山口昌男と書物の精神」を開催しました

IMG_0388.JPG
IMG_0381.JPG

9月15日に図書館のヘルメスで、スペシャル・トーク・セッション「ヘルメスの帰還-山口昌男と書物の精神」を開催しました。

札幌大学元学長で文化人類学者の山口昌男名誉教授(以下、山口先生)の研究拠点である書斎兼居間を大学内に再現した「ヘルメス」を会場に、山口先生と親交の深かった文化人類学者の今福龍太氏と詩人の吉増剛造氏から、山口先生の知と、書物とのかかわりについて語っていただきました。

皆さまからは、「山口先生の情熱を再び感じることができた」、「山口先生の書いた本、読んだ本を手にとり、読みたいと思った」などの感想や今後の活動に対する期待をいただきました。

イベント等は都度、本学HP上でお知らせいたします。ご来場ありがとうございました。

 

*札幌大学では創立50周年記念公開講座として、国内の大学におかれた個人文庫(加藤周一文庫、丸山眞男文庫、山口文庫)にスポットを当て、相互に紹介しあう全3回の講座を10月(10/11、10/19、10/25)に開催します。残り座席僅かとなっているため、関心のある方はお早めにメールでお問い合わせください。

 

札幌大学創立50周年記念公開講座「個人文庫をもつ大学 その意義と可能性」についての詳細はこちらをご覧ください

 

【札幌大学ヘルメス】

世界的文化人類学者で「知の巨人」とも評される故山口昌男元学長(以下、山口先生)の知的営為を未来への遺産とする取り組みの一環として、ご自宅の書斎兼居間を本学図書館内に再現する「札大×山口昌男プロジェクト」のもと整備された展示空間です。

「ヘルメス神を地で行く暮らしぶり」といわれる山口先生。そのご遺族から寄贈いただいた蔵書や家具は約1万8千点にのぼり、山口先生の知の源泉とコミュニケーションの広場の再現となることから、「ヘルメス」と名付けられました。

 

《ヘルメスお問い合わせ》
札幌大学図書館 E-mail:toshokan@ofc.sapporo-u.ac.jp

《公開講座お問い合わせ》
札幌大学SUICC E-mail:suicc@ofc.sapporo-u.ac.jp

page top