HOME > 最新情報 > 国際交流センター > 2018年 > ロシア語弁論大会でロシア語専攻の学生が入賞しました

国際交流センターからのお知らせ

2018.12.06

ロシア語弁論大会でロシア語専攻の学生が入賞しました

20181206_img1.jpg

20181206_img2.jpg
20181206_img3.jpg

日本ユーラシア協会北海道連合会主催の『第50回全道ロシア語弁論大会』が12月1日(土)に道庁赤レンガで行われ、本学学生が昨年に引き続いて入賞しました。

 

この大会は小学生から社会人まで、日本全国のロシア語学習者が参加し、日頃の学習の成果を披露し、競い合うイベントです。
ロシア語でのスピーチと質疑応答、詩の朗読を行う上級者向けのAクラスでは、ロシア語専攻3年生の阿部稚宥さんが3位(NHK札幌放送局賞・サハリン州政府賞)に入賞しました。また、初心者向けのBクラスでは、ロシア語専攻1年生の谷藤翼さんが3位(審査委員会賞・サハリン州政府賞)に入賞しました。
阿部さんと谷藤さんのスピーチは、日ロ交流をより深い観点から研究しているのが伝わる内容で、会場のロシアの方々の笑いをとるなど、大いに会場を沸かせていました。

 

 

【問い合わせ先】札幌大学インターコミュニケーションセンターSUICC TEL:011-852-9138

page top