HOME > 最新情報 > 国際交流センター > 2018年 > 留学生向け日本文化体験を実施しました

国際交流センターからのお知らせ

2018.11.16

留学生向け日本文化体験を実施しました

20181116_img1.jpg
20181116_img5.jpg
20181116_img2.jpg
20181116_img3.jpg
20181116_img4.jpg

11月12日(月)、札幌大学インターコミュニケーションセンターSUICCが主催する外国人留学生向け「日本文化体験(着物着付け・茶道)」を実施しました。
この体験は、国際交流事業の一環として実施している和装教室「絹の衣」様のご協力のもと、毎年春と秋に行っています。

女子学生は先生方に華やかな着物を着付けていただき、日本らしい髪飾りや簪(かんざし)で美しく彩ってもらいました。男子学生も袴を身に着け、自然と引き締まった表情になりました。

着付けを終えた後は、全員で茶道を体験しました。先生からは、着物や袴の種類や用途について、また茶道における作法の解説もしていただきました。「着物がきつい」「お茶も和菓子もおいしい」などの感想が聞かれ、留学生は日本文化を直に感じることができたようです。お互いの着物姿や茶道具を写真に収めるなど、終始和やかな雰囲気でした。

 

なお、この日本文化体験イベントでは、日本人学生がボランティアとしてサポートしてくれました。
今後も札幌大学では、多文化理解を促すため国際交流事業を進めていきます。

 

【問い合わせ先】札幌大学インターコミュニケーションセンターSUICC TEL:011-852-9138

page top