HOME > 最新情報 > 国際交流センター > 2018年 > ロシア映画『こんにちはチェブラーシカ』と『ピオネールに入りたい』の上映会を行いました

国際交流センターからのお知らせ

2018.02.13

ロシア映画『こんにちはチェブラーシカ』と『ピオネールに入りたい』の上映会を行いました

swg20180202_01.jpg
swg20180202_04.jpg

2月2日(金)に、グローバルアクションプログラムの一環として、ロシア映画の上映会を札幌大学図書館1階S-wingで行いました。札幌大学映画研究会の学生とロシア語専攻の学生が協力しあい、映画研究会の学生は上映設備、ロシア語専攻の学生は映画の解説と旧ソ連の時代背景の説明を担当しました。

上映したのは、ロシア映画『こんにちはチェブラーシカ』と『ピオネールに入りたい』です。この映画はロシアの児童文学家、エドゥアルド・ウスペンスキー原作のお話を1969年にロマン・カチャーノフ監督が映画化したものです。この映画の主人公であるキャラクター、チェブラーシカは10数年前からは日本でも話題になり、親しまれるようになりました。

今回の上映会には、本学の学生と地域の方が足を運んでくださり、上映後はチェブラーシカの人形と写真をとるというコーナーを設けました。

今後も、このような異文化研究に役立つ映画上映会を年内に数回行う予定です。

 

【問合せ先】札幌大学インターコミュニケーションセンターSUICC TEL:011-852-9138

page top