HOME > 最新情報 > クラブ・サークル・課外活動 > 2018年 > 卓球部が全国大会への出場権を獲得しました

クラブ・サークル・課外活動

2018.05.28

卓球部が全国大会への出場権を獲得しました

takkyu_20180527.jpg

本学卓球部28名が、5月26日(土)、27日(日)に北広島市で開催された「第88回全日本大学総合卓球選手権大会(団体の部)北海道予選 兼 第51回会長杯争奪卓球大会」に参加しました。

主な結果は以下のとおりです。

 

【団体戦】

男子:準優勝

女子:優勝

 

【男子シングルス】

3位:三和 拓蒼

ベスト16:近藤 聡度、越田 涼平、丸谷 舜也

 

【女子シングルス】

準優勝:三浦 祐依、3位:大室 奏子、ベスト8:石井 美紗、濱口 采花、荻野 晶

 

【男子ダブルス】

ベスト8:松井 琉聖・丸谷 舜也

 

【女子ダブルス】

優勝:濱口 采花・三浦 祐依、3位:石井 美紗・大室 奏子

 

団体戦は女子が昨年に続いて大会2連覇、先日開催された北海道春季学生卓球選手権大会から2大会連続の優勝となりました。また個人戦では三浦 祐依さん(現代教養専攻2年)に大会3冠がかかっていましたが、惜しくもあと1歩及びませんでした。

なお今回の結果を受け、7月12日(木)~15日(日)に東京都墨田区体育館で開催される全国大会(第88回全日本大学総合卓球選手権大会・団体の部)に男女揃って出場することになります。

卓球部の皆さん、おめでとうございます!全国大会での活躍も期待しています。

 

 

【問合せ先】札幌大学 総務部 TEL:011-852-9115

page top